佐々木俊尚

新着記事

news044.jpg

レコメンデーションの虚実(最終回)〜ソーシャルレコメンデーションという新世界

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」もついに最終回。ネットの情報量が認知限界を超えた現在、ソーシャルレコメンデーションへの期待はますます高まっています。 (2/25)


news053.jpg

レコメンデーションの虚実(18)〜アットコスメに見る日本式「共感型レコメンデーション」の世界

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。人と人との“方向”と“距離”を意識した相関関係に基づいたレコメンデーションは実現可能なのか。化粧品口コミサイト「@cosme」の取り組みを紹介します。 (2/12)


news073.jpg

レコメンデーションの虚実(17)〜ソーシャルメディアが映画『マトリックス』を生み出す日

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。ゼロスタートコミュニケーションズの「zero-Matrix」は、マーケティングツールとしてリリースされましたが、実はとてつもない可能性を秘めた最先端の技術だと考えられます。 (2/4)


news051.jpg

レコメンデーションの虚実(16)〜マルチディレクショナルSNSの描く驚くべき未来

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。複雑なリアルの人間関係をソーシャルメディアに持ち込むための解決策の1つとして、人間関係ごとにいくつものSNSを利用するという方法を取り上げます。 (1/15)


マスメディアとインターネットの対立関係は、どこへ向かうのか

2007年は国内外でマスメディアとネットの関係に変化が見られた年だった。とはいえさらに先に進む米国メディアとあまりに動きの遅い日本メディアの差は広がるばかりだ。何が起きつつあり、何が問題なのか、2008年以降に向け何をすべきなのか、本紙連載ほかで活躍中の佐々木俊尚氏の特別寄稿を掲載する。 (1/5)


news037.jpg

レコメンデーションの虚実(15)〜Facebook Beaconはいつかは受け入れられるのか?

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。最も“とがった”ソーシャルレコメンデーションサービス「Facebook Beacon」の問題点はプライバシー侵害だけなのか、弱点はないのかを考察します。 (12/25)


news027.jpg

レコメンデーションの虚実(14)〜ソーシャルスパムの時代がまもなくやってくる

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。強力なお勧めシステムになる可能性を持つソーシャルレコメンデーションですが、見方を変えればスパマーのターゲットとしても魅力的です。mixiやブログの悪質アフィリエイトを例に考察します。 (12/17)


news032.jpg

レコメンデーションの虚実(13)〜ソーシャルレコメンドは友人関係を壊しかねない

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。お勧めの個別最適化という強みを持つソーシャルレコメンデーションですが、いまのところ無視できない問題点も抱えています。 (12/10)


news029.jpg

レコメンデーションの虚実(12)〜Facebookの灯台はすべてを明るく照らし出す

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。前回に続き、米国の巨大SNS「Facebook」に注目し、Facebookが進めているソーシャルメディアのライフログ化の具体例を解説します。 (12/3)


news026.jpg

レコメンデーションの虚実(11)〜ソーシャルとライフログの交差点を目指す

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。米国で大学生を中心に急成長し、会員数5200万人以上を誇るSNS「Facebook」が狙う、ソーシャルメディアとライフログの融合とそれに基づくレコメンデーションについて2回に渡り考察します。 (11/26)


news063.jpg

レコメンデーションの虚実(10)〜「テープを作ってあげるよ」から生まれるボランティア精神とリスペクト

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。今回は自分が興味を持っているジャンルのヘビーユーザーにレコメンデーションしてもらう、というユニークなサービスを取り上げます。 (11/19)


news029.jpg

レコメンデーションの虚実(9)〜世界の中心で「僕がほしいもの」を探す

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。レコメンデーションと検索エンジンの結果表示の違いについて、携帯検索を例にユーザーインタフェースの観点から考察します。 (11/5)


news038.jpg

レコメンデーションの虚実(8)〜株価予測は集合知が衆愚化しない希有なモデルだ

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。今回は集合知がうまく作用してソーシャルレコメンデーションがその力を発揮しているサービスを紹介します。 (10/29)


news028.jpg

レコメンデーションの虚実(7)〜“僕が好きな人”が僕の好みを気に入ってくれるとは限らない

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。「見えないコミュニティー」システムによって自分が知らない誰かに自分に合ったレコメンデーションをしてもらうというアプローチを紹介します。 (10/22)


news022.jpg

レコメンデーションの虚実(6)〜集合知を介して「わたし」の本当の好みを知る方法

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。これまで取り上げてきたレコメンデーションの手法は、今やソーシャルメディアと切り離せなくなっています。なぜそうなのか、例を挙げて説明します。 (10/15)


news027.jpg

レコメンデーションの虚実(5)〜「もうちょっとだけ環境の良い場所ない?」をアルゴリズムに持ち込む方法

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る新連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。今回は認知限界が低い、自ら必要な情報を探し出すことが苦手な人々に、どのようにレコメンデーションするかという問題への取り組みを紹介します。 (10/9)


news022.jpg

レコメンデーションの虚実(4)〜ベイジアンは「Amazonを超えた」のか?

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る新連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。ベイズ理論を応用して協調フィルタリングの限界を突破しようというレコメンデーションエンジン「zero-zone」について解説します。 (10/1)


news077.jpg

レコメンデーションの虚実(3)〜顧客属性はなぜ追い求められなかったのか

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る新連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。第3回ではコンテンツフィルタリングや協調フィルタリングでは得られない“顧客属性”にリーチできる「行動ターゲティング」について取り上げます。 (9/25)


news038.jpg

レコメンデーションの虚実(2)〜レコメンデーションの分類

ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る新連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。第2回はレコメンデーション手法としてよく取り上げられる「コンテンツフィルタリング」と「協調フィルタリング」について掘り下げます。 (9/18)


news039.jpg

【新連載】レコメンデーションの虚実(1)〜認知限界をどう乗り越えるのか

日本のWeb2.0ビジネスを追った好評連載「ネットベンチャー3.0」から9カ月、ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏がこれからのソーシャルメディアのあり方を探ります。第1回では、さまざまなかたちで触れることの多いレコメンデーションについてその限界を分析します。 (9/11)


news039.jpg

Web2.0は良くできた「UFOキャッチャー」だ

佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描いてきた連載企画も今回で最終回。日本に「インターネット業界」が生まれておよそ10年、これからWeb2.0ビジネスはどう変化していくのだろうか。 (12/15)


news031.jpg

バイラルマーケティングには可視化とリスペクトが必要だ(下)

佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。ブロガーに企業のリリースを配信し、さらにブログに書いてもらうことで報酬を支払うビジネスが注目を集めている。 (12/8)


news041.jpg

バイラルマーケティングには可視化とリスペクトが必要だ(上)

佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。ブロガーを巻き込み、ブログをマーケティングツールとして使うバイラルマーケティングの問題点と変化を取り上げる。 (12/1)


news019.jpg

「日の丸検索エンジン」は何を狙っているのか(下)

佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。経産省が主導する「情報大航海プロジェクト」が期待するのは、日本企業の持つ映像解析技術だ。動画とマッチング広告との連携が1つのゴールとなりそうだ。 (11/24)


news082.jpg

「日の丸検索エンジン」は何を狙っているのか(上)

佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。経産省肝いりの「日の丸検索エンジン」プロジェクトが、過去と同様の無駄遣いだと叩かれている。しかしどうやら筋は悪くなさそうだ。 (11/17)


news033.jpg

ポータルビジネスはソーシャル化されるのか?(下)

佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。米国発のSecond Lifeによってリアルマネートレードは悪だというMMORPGの常識が変わろうとしている。日本のRMTベンチャーはどう考えているのだろうか。 (11/10)


news013.jpg

ポータルビジネスはソーシャル化されるのか?(中)

佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。オンラインゲームポータルにソーシャルサービスを持ち込もうとする@gamesの動きを追う。 (11/3)


news051.jpg

ポータルビジネスはソーシャル化されるのか?(上)

佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。ヤフーの井上社長は、SNSでは交換日記サービスよりも友達関係ダイアグラムが重要だとしてYahoo! JAPANの全サービスへの導入を目指しているという。その狙いは何か。 (10/27)


news025.jpg

検索エンジンが「ユーザーのその日の気分」を知る方法(下)

佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。Googleがまだ検索に利用していない“人間関係”や“心理学的分析”アプローチで新サービスを展開しようとしている2つの日本のベンチャーを取り上げる。 (10/20)


news040.jpg

検索エンジンが「ユーザーのその日の気分」を知る方法(中)

佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。Web2.0のキーワードの1つ「集合知」を情報の選別に利用しようとするソーシャルサービスの問題点を検証する。 (10/6)


news047.jpg

検索エンジンが「ユーザーのその日の気分」を知る方法(上)

佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。90年代末、GoogleはWeb検索に革命をもたらし、検索結果の精度は大きく向上した。そして、さらに精度を上げるための模索が始まっている。 (9/29)


news032.jpg

mF247の丸山茂雄さんが考えた「焼きそば屋的Web2.0ビジネス」(下)

佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。大手レコード会社の垂直統合モデルの揺らぎを感じていた丸山氏は、音楽ダウンロード無料の「mF247」で何を目指しているのだろうか。 (9/22)


news041.jpg

mF247の丸山茂雄さんが考えた「焼きそば屋的Web2.0ビジネス」(上)

佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。ユーザーの音楽ダウンロードは無料、楽曲を提供するミュージシャンは有料という「mF247」はなぜ生まれたのか。 (9/15)


news075.jpg

楽天はなぜWeb2.0のプラットフォームになれないのか(下)

佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。Web2.0視点から楽天市場の問題点を分析しつつ、巨大Web2.0企業への変化の可能性を探る。 (9/8)


news028.jpg

楽天はなぜWeb2.0のプラットフォームになれないのか(上)

佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。Web2.0ビジネスの2つの進化モデル「便乗型」「プラットフォーム進化型」について解説し、楽天の戦略をWeb2.0的見地から検証してみる。 (9/1)


news042.jpg

ロングテールがインフラになろうとしている

佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。これまで紹介した日本のWeb2.0ベンチャーに共通するパターンとは、そしてAmazonやGoogleと違うスタイルのロングテールビジネスについて検証する。 (8/25)


news022.jpg

2004年、カンブリア紀のような進化の爆発が起きた

佐々木俊尚氏が日本のベンチャー企業が実践するWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。ゆっくりとスタートした、ユーザーの質問にユーザーが“教えて”“答える”掲示板システムは、なぜ2004年に急速な成長を迎えることができたのか。 (8/18)


news014.jpg

おせっかいなCGMと、フランチャイズが結ぶロングテール

佐々木俊尚氏が日本のベンチャー企業が実践するWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。地域ポータルサイトを立ち上げた神戸の中古車販売店が、IT化の遅れた地方の中小企業をWeb2.0の世界に引っ張り出すためにとった方策とは。 (8/11)


news012.jpg

自力でWeb2.0へとたどり着いた中古車店

多くの取材をもとに、佐々木俊尚氏が日本のベンチャー企業が実践するWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。神戸の中古車販売店が試行錯誤のすえに作り上げたWeb2.0的ビジネスモデルとは。 (8/4)


news024.jpg

ネットベンチャー3.0

日本で次々誕生するネットベンチャーのなかで、Web2.0がもたらす本質的変化を捉えてビジネスに取り込んでいく動きは、Web2.0という言葉が生まれる以前から始まっていた――多数のIT企業の取材をもとに佐々木俊尚氏が日本のWeb2.0ビジネスを描く。 (7/31)


Special

- PR -

Special

- PR -