唐沢正和

唐沢正和がアイティメディアで執筆した記事一覧です。

記事一覧

IBM Watson Summit 2017:

日本IBMは2017年4月27、28日、「IBM Watson Summit 2017」を開催。27日のセッション「コグニティブ・ビジネスの先駆者たる次世代のデベロッパー」では、最新のIBM クラウドやWatsonを活用したビジネス開発、スキル開発、スキルエリアの変化などを、実例を交えて紹介した。

()

@ITセキュリティセミナー 東京・大阪・福岡ロードショー 2017 レポート(1):

本稿では、@IT編集部が2017年2月7日に東京で開催した「@ITセキュリティセミナー」レポートをお届けする。

()

特集:“業種×Tech”で勝つ企業、負ける企業(3):

みずほフィナンシャルグループは、FinTechビジネスの立ち上げに本腰を入れて取り組んでおり、そこで重要なカギを握っているのが金融APIだという。では、どのようなAPIエコシステムを形成しようとしているのか。「API Meetup Tokyo #17」の講演模様からまとめてお伝えしよう。

()

IoTビジネスはもう始まっている【前編】

家庭用燃料電池「エネファーム」を使ったIoTビジネスを、企画開始から5カ月で達成した大阪ガスの事例を紹介する。IoTビジネスのアイデアをどう具現化し、どんなビジネスメリットを生み出したのか。

()

特集:小学生の「プログラミング教育」その前に(4):

政府の新たな成長戦略の中で小学校の「プログラミング教育」を必修化し2020年度に開始することが発表され多くの議論を生んでいる。本特集では、さまざまな有識者にその要点について聞いていく。今回は小金井市立 前原小学校 校長の松田孝氏。

()

特集:小学生の「プログラミング教育」その前に(3):

政府の新たな成長戦略の中で、小学校の「プログラミング教育」を必修化し2020年度に開始することが発表され多くの議論を生んでいる。本特集では、さまざまな有識者にその要点について聞いていく。今回はビジュアルプログラミングツール「Viscuit」の開発者である原田康徳氏。

()

特集:IoT時代のビジネス&IT戦略(6):

社会一般から大きな注目を集めているIoT(Internet of Things)。だが、その具体像はまだ浸透しているとはいえない。今回は、2016年5月25、26日に開催された「IBM Watson Summit 2016」の幾つかのセッションの模様から、その最新事例をお伝えしよう。

()

データ保護の課題は予算、拡張性、運用

中堅・中小企業でもビジネスにITシステムが必要不可欠な現在、データのバックアップやリカバリーは欠かせない。しかし、価格だけに注目して製品を選ぶと失敗してしまうことが多いという。ではどう選べばいいのか?

()

データ保護の課題は予算、拡張性、運用

中堅・中小企業でもビジネスにITシステムが必要不可欠な現在、データのバックアップやリカバリーは欠かせない。しかし、価格だけに注目して製品を選ぶと失敗してしまうことが多いという。ではどう選べばいいのか?

()

特集:「差別化」をリードする、アジャイル時代のプロジェクト管理(2):

クラウドインテグレーションを中心としたSI事業を手掛けるクリエーションラインでは、アジャイル型開発に適応できるエンジニアの育成に力を注いでいる。その取り組みについて聞いた。

()

ITエンジニアの未来ラボ(7):

アンカンファレンスイベント「Japan ComCamp meets de:code」が2016年5月23日に開催される。アンカンファレンスとはそもそも何か、ITエンジニアが参加するメリットをイベントの主催者に聞いた。

()

特集:Biz.REVO〜開発現場よ、ビジネス視点を取り戻せ〜(7):

積極的に新規サービス開発に取り組んでいるSIerに、力を注いでいる理由や、訪日タイ人旅行者向け専用ネットワークサービスや専用iPhoneアプリを開発するプロジェクトの実状、採用技術、ツール、今後の展開などを聞いた。

()

特集:FinTech入門(2):

本特集では金融業界がFinTechでビジネスを拡大するために必要な技術要件を浮き彫りにし、一つ一つ解説していく。今回は、「API公開・活用・管理」について、マネーフォワードや住信SBIネット銀行、日本IBMの取り組みなどを紹介。日本におけるAPIビジネス拡大の今後を占う。

()

「Windowsタブレット向けアプリ開発」先駆けインタビュー(2):

いわずと知れた旅行情報サイト「じゃらんnet」のアプリをWindows 8リリースと同時にストアに並べた秘訣を聞いた。まだアプリ開発の情報が少ない時期、フラットデザインやコンテンツファーストにどのように取り組んでいったのだろうか。

()

特集:ITエンジニアを変えるオフィス(3):

オフィスにこだわるIT企業は少なくない。特にWeb系の新興企業にその傾向がある。チームラボはその代表格といえるだろう。自社オフィスにこだわり、建築家とチームを組んでオフィスプロデュース事業まで取り組むクリエイター集団。そこに隠された理念を探る。

()

特集:「ハチロク世代」がやってくる(2):

「最近の若い者は……」などとぼやいていても、何も始まらない。新人はどのような特徴を持っているのか。どう付き合っていったらよいのか。人材育成のプロに聞いた。

()

レポート ビッグデータセミナー:

@IT情報マネジメント編集部では2012年3月8日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバプラザで、第16回 @IT情報マネジメントカンファレンス「大量・多種類のデータを、いかに“価値”に還元するか? ROI最大化、収益向上に寄与するビッグデータの真意と活用の鍵」を開催した。ここではその要点をレポートする。

()

レポート ビッグデータセミナー:

@IT情報マネジメント編集部では2011年11月30日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバプラザで、第14回 @IT情報マネジメントカンファレンス「〜情報爆発時代、いかに大量データを収益につなげるか〜ビッグデータの活用意義と、収益向上へ導くキーテクノロジ」を開催した。ここではその要点をレポートする。

()

リポート IT資産管理イベント:

2011年3月2日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバホールにて、@IT情報マネジメント編集部主催のセミナー「第12回 @IT情報マネジメントカンファレンス ビジネスのスピード、コスト、セキュリティの問題を解決、 クラウド時代のIT資産管理」が開催された。当日は、IDCジャパンのアナリスト、赤城知子氏による基調講演と、オリンパスのIT統括本部 本部長 北村正仁氏による特別講演のほか、ベンダによる自社ソリューションの紹介を行うセッションが行われた。

()

レポート 運用自動化イベント:

2011年2月18日、東京・秋葉原のアキバプラザホールにて、@IT情報マネジメント編集部の主催セミナー「第11回 @IT情報マネジメントカンファレンス 『自動化』で変わる次世代のシステム運用管理」が開催された。当日は、元マネックス証券CIOによる基調講演やユーザー企業の特別講演、そしてベンダによる自社ソリューションの紹介を行う各セッションが行われた。

()

パートナー総会で製品戦略や今後のロードマップなど発表:

デジタルアーツは10月17日、「デジタルアーツ パートナー総会」を開催し、同社の製品戦略や今後のロードマップなどを説明。メールセキュリティ製品の次バージョンの特徴も一足早く紹介した。

()

プロジェクト管理トピックス:

プロジェクトの複雑化などによって、要件定義の難易度はますます高まっている。@IT情報マネジメント編集部では、こうした状況に頭を悩ますIT担当者に向けて「要件定義から見直すプロジェクトの進め方」と題したセミナーを開催した。

()

特集:ハイブリッド環境の運用をどう効率化するか(2):

サーバ仮想化が当たり前の取り組みとなり、クラウドサービスの浸透も進んでいる現在、企業のITインフラはますます複雑化している。物理と仮想、オンプレミスとパブリッククラウドなどが混在した“ハイブリッド環境”では、どのようなポイントに留意すれば運用管理の効率化とシステムの安定稼働=ビジネスの安定的な遂行を実現できるのだろうか。今回は、富士フイルムのケースを聞いた。

()

専用アプライアンス製品を提供:

日本HPと日本マイクロソフトがBI分野で協業を発表。米本社間では「Infrastructure-to-Application(以下、I2A)」をテーマに、2010年から3年間にわたる次世代コンピューティング環境の投資提携を結んでいる。今回の協業はその取り組みの一環。

()