宮田健

宮田健がアイティメディアで執筆した記事一覧です。

記事一覧

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(20):

「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策。しかし、堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学をお届け! 今回は、総務省が公表した「IoTセキュリティ総合対策」を題材に、IoT機器のセキュリティ対策について深掘りしていく。

()

今こそ考えたい製造業IoTのセキュリティリスク:

製造業に革新をもたらすといわれる「IoT(Internet of Things)」。スマート化された工場の明るい未来だけがフォーカスされがちだが、ネットワークにつながることでもたらされるのは恩恵ばかりではない。本インタビュー企画では、製造業IoTを実現する上で重要となる「セキュリティ」にフォーカスし、製造業IoTで起こり得るセキュリティインシデントとその対策について紹介する。第3回は、IoTセキュリティの各種ソリューション、コンサルティングサービスを提供するマカフィーに話を聞いた。

()

半径300メートルのIT:

使うサービスは増え続け、それに伴ってアカウントがどんどん増えていくのにパスワードは使い回さず、サービスの数だけ用意せよ――。そんな時代のベストな対策は“諦める”こと?

()

連日のように公開される脆弱性情報の中から自分たちに関係するものを見つけ、適切な優先順位で対応するのは容易ではない。この状況に、企業はどう向き合えばよいのだろうか? @ITは、2017年8月30日にセミナー『連日の「深刻な脆弱性」どう向き合い、どう対応するか』を東京で開催した。多数の専門家やセキュリティベンダーが登壇した同セミナーの模様をお届けしよう。

()

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(19):

「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策。しかし、堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学をお届け! 今回は、トレンドマイクロが発表した調査レポート「法人組織におけるセキュリティ実態調査 2017年版」を読み解く。

()

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(18):

「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策。しかし、堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学をお届け! 今回は、スマートホームのセキュリティの話題を通じて、工場セキュリティのチェックポイントについて考察してみたいと思います。

()

半径300メートルのIT:

旅行の写真はスマホだけにしたい、でも「デジタルカメラを持っていけばよかった」と後悔したくない。そんな迷いを思い切って振り捨ててみると……。

()

実に“3兆行/月”のログを処理:

シマンテックが東京セキュリティオペレーションセンター(SOC)をリニューアル。日本を狙うさまざまな脅威に対抗していく体制を整えた。毎月3兆行レベルのデータを収集し、解析して、顧客にアラートを通知している。

()

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(17):

「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策。しかし、堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学をお届け! 今回は、IoT機器のアップデートのあるべき姿(あるべき手法)について考察してみたいと思います。

()

半径300メートルのIT:

久々の海外旅行で、ちょっと面白い自動販売機を見かけました。購入したモバイルバッテリーで充電が終わり、空になったら、この自動販売機に入れることでまた満充電のバッテリーが手に入るのです。また、帰国後に余った外貨を電子マネーに変えてくれる自動販売機も初めて体験しました。

()

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(16):

「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策。しかし、堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学をお届け! 今回は、IPAの「2016年度 中小企業における情報セキュリティ対策の実態調査 報告書」を読み解き、製造業の意識と課題について掘り下げます。

()

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(15):

「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策。しかし、堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学をお届けします。今回は、世界中で猛威を振るったマルウェア「WannaCry」を取り上げ、そこから学ぶべきことについて掘り下げる。

()