メディア

ITmedia

古川裕倫

古川裕倫がアイティメディアで執筆した記事一覧です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:

人生100年時代、60歳を過ぎてあと20年か30年か何年生きるのか。残された日々を自分のやりたいように、自分らしく目いっぱい生きるには。

()

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:

世界に大きく遅れをとっているダイバーシティや女性活躍推進。ようやく注目されてきたが、日本は変わらなければいけない。女性任せではなく、男性が本気でそれを考える時期に来ている。

()

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:

悩める部下指導。強く言えばへこんでしまう。かといって、聞いてやるばかりではなかなか成長しない。そんな部下のことを考えがちであるが、答えは自分の教え方にある。

()

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:

海外貿易で外貨も稼ぎ、日本流は世界に通用していると多くの日本人は思っているが、日本は今でも鎖国をしていると外国の知識人はいう。今、ビジネスパーソンが心得るべきことは。

()

【最終回】『坂の上の雲』から学ぶビジネスの要諦:

人生は長いようで短い。一生で自分に何ができるのかを考え、その人生を賭して成し遂げる一事を探し続けるのは昔も今も変わらない。

()

『坂の上の雲』から学ぶビジネスの要諦:

サラリーマンが集まれば、どこの居酒屋でも上司の悪口が飛び交うように、古今東西とんでもない上司は、どこにでもいる。時にはひどい上司とは戦う必要がある。その対策とは?

()

『坂の上の雲』から学ぶビジネスの要諦:

「わが社の常識は世間の非常識」ということがよくある。変わらぬ企業体質は、会社を潰すことにもつながりかねない。

()

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:

わたしも女性社員に正論で木っ端みじんにやられたことがある。上司に正論を言われたら納得するのに、若手に言われると「お前に言われたくない」と思うし、口には絶対出せないが「ましてや女性に言われたくない」と内心思う男性諸氏にも必読の書。

()

『坂の上の雲』から学ぶビジネスの要諦:

有事には迅速な意志決定が必要である。あらかじめ「仕組み」を作っておくことがひとつ。仕組みにできないときは、何が一番大切かに絞って決断すべし。

()

『坂の上の雲』から学ぶビジネスの要諦:

成功したことは皆で共有し褒めたたえるが、残すべきは繰り返さないための失敗の記録。失敗とうまく付き合い、失敗から学ぶことが、個人や組織の発展につながる。成約の報告より、不成約報告が大切である。

()

『坂の上の雲』から学ぶビジネスの要諦:

決断とは不確定要素がある中で下すもの。非常時においては、社会的責任を踏まえた大きな決断も必要となる。「覚悟に勝る決断なし」を心がけたいものだ。

()

『坂の上の雲』から学ぶビジネスの要諦:

身分制度や鎖国という足かせが一挙に取り払われた、そんな新しい時代を生きる青年たちの熱い想いに注目したい。

()

『坂の上の雲』から学ぶビジネスの要諦:

要点だけを学ぶ。学ぶだけではなく実行することが大切である。実行には勇気が必要である。

()

『坂の上の雲から学ぶ』ビジネスの要諦:

今は豊かで便利な時代であり、可能性は果てしなくあるが、われわれは生涯で一事を成そうとしているだろうか。

()

『坂の上の雲』から学ぶビジネスの要諦:

いつの時代でも起こるのは、変化。この変化に対応できれば、新しい世界を経験できる。

()

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:

なぜ、「あの人と一緒に働きたい」「あの人について行きたい」と思うのか。リーダーシップは右脳的か、左脳的かで分けられる。

()