メディア

ITmedia

鶴長鎮一

記事一覧

これから始める人のためのNginx(3):

Nginxは高速化だけではありません。Webサーバー以外への応用事例として、ロードバランサー、HTTPS対応、WAFとしての利用を紹介します。

()

これから始める人のためのNginx(2):

処理能力の高さなどを理由に、近年、大規模サイトを中心に急速にシェアを拡大しているWebサーバー「Nginx」について紹介します。連載第2回では、インストール方法と基本的な設定内容を解説します。

()

これから始める人のためのNginx(1):

処理能力の高さなどを理由に、近年、大規模サイトを中心に急速にシェアを拡大しているWebサーバー「Nginx」。この連載では、その特徴と魅力を分かりやすく紹介します。

()

実用qmailサーバ運用・管理術(13):

本連載の総仕上げとして、アフターフォローや小ネタを含めたTipsを紹介する。今回はインストール関連編として、RPMを中心とした話題を集めてみた。

()

実用qmailサーバ運用・管理術(最終回):

本連載の総仕上げとして、アフターフォローや小ネタを含めたTipsを紹介する。最後はrelay-ctrl 3.1.1の導入方法やSMTP認証、そのほかの便利な技を集めてみた。

()

実用qmailサーバ運用・管理術(12):

本連載もいよいよ大詰めを迎えるに至った。今回は、qmailの導入や運用時にありがちなトラブルとその解決方法を解説する。あらゆるケースを網羅するのは不可能だが、この記事が何らかの糸口になれば幸いである。

()

実用qmailサーバ運用・管理術(11):

qmailanalogなどでログを管理していると、ボトルネックが見えてくる。では、ボトルネックを改善するにはどうすればよいのだろうか? 今回は、qmailのさまざまなチューニング方法を紹介する。

()

実用qmailサーバ運用・管理術(10):

メールサーバの動作状況を知るうえで欠かせないログ。このログを効率的かつ的確に抽出・分析することが重要になる。ツールを導入して分析環境を整えよう。

()

実用qmailサーバ運用・管理術(9):

syslogを使ったロギングにはいくつかの欠点がある。そこで、ロギングやプロセス監視を行ってくれるdaemontoolsを導入しよう。これにより、システムをより強力なものにできる。

()

実用qmailサーバ運用・管理術(8):

メールによるウイルスの問題はますます深刻になってきている。一方、クライアントレベルでの対策では管理者の目が十分に行き渡らないという欠点がある。クライアント数が多い場合などは、メールサーバで一元的にウイルス対策を行うのが効果的だ。

()

実用qmailサーバ運用・管理術(7):

コマンド操作が基本のqmailだが、Webベースの管理フロントエンドも存在する。今回はこれをインストールして日々の管理業務を効率化するとともに、メールユーザーの情報をMySQLに格納して認証を行えるようにする方法を紹介する。

()

実用qmailサーバ運用・管理術(6):

バーチャルドメイン環境下でqmailを運用するには、それなりの設定が必要だ。また、それに合わせてPOP環境を入れ替える必要もある。その方法を詳しく解説する。

()

実用qmailサーバ運用・管理術(5):

今回はezmlmを拡張して、より高度で便利な機能を実現してみよう。ezmlmにidx-patchを当てることにより、Subjectの加工やダイジェストメールの生成などが可能になる。

()

実用qmailサーバ運用・管理術(4):

コミュニティとしてだけでなく、情報発信手段としても有効な「メーリングリスト」。しかし、ヘッダなどの知識なしに安易に運用するのは危険だ。構築・運用方法とともに、メール配送の仕組みについても解説する。

()

実用qmailサーバ運用・管理術(3):

メールサーバ管理者にとって、SAPMは常に頭痛のタネだが逃げるわけにはいかない。今回紹介する方法を使って、メールサーバをSPAMから守ろう。

()

実用qmailサーバ運用・管理術(2):

SMTPサーバ機能だけではメールクライアントを使うことができない。今回はメールクライアントからアクセスできるようにするため、POP3、APOP、IMAP4サーバを構築する。また、不正中継対策としてPOP Before SMTPおよびIMAP Before SMTP機能を組み込もう。

()

実用qmailサーバ運用・管理術(1):

sendmailに代わるMTAとして絶大な人気をほこるqmail。このqmailによるメールサーバの運用方法を解説していく。今回は、運用テクニックの前段階としてSMTPサーバの構築方法を紹介する。

()

エンタープライズ市場に向かうMySQL 5.0(後編):

MySQL 5.0最大の目玉はストアドプロシージャである。インストールした5.0を使って、ストアドプロシージャの動作を試してみよう。(編集局)

()

エンタープライズ市場に向かうMySQL 5.0(前編):

いま、最も勢いのあるオープンソースRDBMSといえばMySQLだ。2004年1月に公開された5.0アルファ版は、従来のMySQLとは一線を画する拡張が加えられており、エンタープライズ市場への進出を予感させる。

()

iptablesテンプレート集 改訂版(8):

この連載では、初心者にとってハードルの高いiptablesの設定を、テンプレートを用いながら紹介していきます。「習うより慣れよ!」の精神でまず試してみてはいかがでしょう。(編集部)

()

iptablesテンプレート集 改訂版(7):

この連載では、初心者にとってハードルの高いiptablesの設定を、テンプレートを用いながら紹介していきます。「習うより慣れよ!」の精神でまず試してみてはいかがでしょう。(編集部)

()

iptablesテンプレート集 改訂版(6):

この連載では、初心者にとってハードルの高いiptablesの設定を、テンプレートを用いながら紹介していきます。「習うより慣れよ!」の精神でまず試してみてはいかがでしょう。(編集部)

()

実用 BIND 9で作るDNSサーバ(最終回):

BINDには、運用・管理に使える標準機能あるいは外部ツールがある。これらを利用して、BINDをとことん活用しよう。(編集局)

()

実用 BIND 9で作るDNSサーバ(14):

DNSの用途を拡大すべく、いくつかの拡張仕様の標準化が議論されている。今回は、SRVレコードとENUMという2つの技術について解説する。(編集局)

()

実用 BIND 9で作るDNSサーバ(13):

現在、標準化作業が進行中のDNSSEC。その仕組みとBIND 9での実現方法を解説する。後半では、スプリットDNSの設定方法を紹介。(編集局)

()

実用 BIND 9で作るDNSサーバ(12):

BIND 9でIPv6対応DNSサーバを立ち上げる際に、どのような設定が必要なのか? アドレスの記述方法から正引き/逆引きの設定までを分かりやすく解説する。(編集局)

()

実用 BIND 9で作るDNSサーバ(4):

名前解決の速度向上に有効なのがキャッシュサーバ。だが、クライアントにもキャッシュ機能があるため、どこにどのようにキャッシュされるのかを理解していないと問題解決に手間取ることになる。(編集局)

()

実用 BIND 9で作るDNSサーバ(3):

メールサーバやWebサーバとDNSは密接につながっている。ゾーンファイルの書き方1つで、それらを効率化することも可能だ。今回は、これらのサーバとBINDの関係に着目して、ゾーン設定の妙を学んでいただきたい。(編集局)

()

実用 BIND 9で作るDNSサーバ(1):

インターネットの基幹技術、DNS。本連載では、BIND 9を使ったDNSサーバの構築/運用方法を解説していく。現場で実際に役立つことを目的に、セキュリティや大規模運用などのテーマを取り上げていく予定だ。(編集局)

()

実用 BIND 9で作るDNSサーバ(2):

今回は、マスター・ゾーンサーバとキャッシュサーバの機能を1つのnamedで実現してみよう。シンプルな構成だが、BINDの基本をマスターするにはちょうどいいだろう。(編集局)

()

実用 BIND 9で作るDNSサーバ(11):

今回は、大規模運用において特に必要となるBIND 9のチューニング方法を中心に紹介する。また、設定ファイルをチェックするためのツールにも触れる。(編集局)

()

快速MySQLでデータベースアプリ!(10):

今回は、前回作成したServletをJSPに書き直してみよう。しかし、HTML+JSPだけでは十分な柔軟性が得られない。JavaBeansを組み合わせれば、コンテンツの変更や運用にも柔軟に対応できるシステムになる。

()

快速MySQLでデータベースアプリ!(11):

本連載もついに最終回。今回はMySQLサーバの運用・管理に必要な状態監視、チューニング、バックアップ、セキュリティについて解説する。以下のテクニックを駆使すれば、MySQLをさらに安定稼働させられるだろう。

()

快速MySQLでデータベースアプリ!(8):

いよいよWebアプリケーションサーバの大本命Java Servlet/JSPの登場だ。Javaを使えばさまざまな方法でMySQLを操作できるようになる。今回はServlet/JSPの基本となるJavaアプリケーションを作成してみよう。

()

快速MySQLでデータベースアプリ!(9):

JavaでMySQLを操作する方法が分かったところで、今度はServletに挑戦しよう。前回の内容を理解していれば、Servletのコーディングは簡単だ。

()

快速MySQLでデータベースアプリ!(7):

日本発のオブジェクト指向スクリプト言語RubyとMySQLは非常に相性がいい。今回はこのRubyを使ってデータベースアプリを作ってみよう。

()

快速MySQLでデータベースアプリ!(5):

PHPはMySQLとの親和性が高いスクリプト言語の1つだ。今回はこのPHPを利用して、実用に耐えるアプリケーションを作成しよう。前編では、その基礎となるPHPのインストールや、PHPでMySQLを操作する方法を紹介する。

()

快速MySQLでデータベースアプリ!(6):

前回はPHPによるMySQL操作の基本的なコーディング方法を紹介した。今回は実際に動作するアプリケーションを例に、プログラミングの実践的なテクニックを解説する。

()

快速MySQLでデータベースアプリ!(4):

いよいよ本連載のかなめであるデータベースアプリケーション・プログラミングについて解説するときがきた。まず手始めとして、PerlでMySQLを操作する方法を紹介する。Perlを使う際のポイントは、Perl用汎用データベースAPIであるDBIのマスターにある。

()

快速MySQLでデータベースアプリ!(3):

前回に引き続き、MySQLのコマンドについて解説する。また、MySQLの設定を保存しているmysqlデータベースの内部構成を知ることで、MySQLへの理解を深めてほしい。

()

快速MySQLでデータベースアプリ!(1):

軽快な動作で知られるGPLなRDBMS、それがMySQLだ。本連載ではMySQLを使って、データベースアプリケーションを構築していく。連載第1回の今回は、MySQLの概要とインストール方法について解説しよう。

()

快速MySQLでデータベースアプリ!(2):

今回は、MySQLの標準コマンドによる基本的な操作を解説する。MySQLを使ったデータベースアプリケーション開発の前提となる機能なので、ここでしっかりとマスターしておいてほしい。

()

実用 BIND 9で作るDNSサーバ(10):

BINDが正常に動作しているように見えても、実は高負荷で悲鳴をあげているかもしれない。BINDのロギング機能やデバッグ情報出力、MRTGなどを活用して、BINDの状態を把握できるようにしておこう。(編集局)

()

実用 BIND 9で作るDNSサーバ(9):

DNSは広く公開するサービスであるため、その運用には細心の注意が要求される。BINDを攻撃者から守るには何をすればよいか。今回はBINDで行うべきセキュリティ対策を紹介する。(編集局)

()

実用 BIND 9で作るDNSサーバ(8):

DHCPなどの動的IP割り当て環境でこそ、Dynamic DNSの本領が発揮される。Dynamic DNSを前提としたDHCPサーバの設定方法や、DHCPサーバの設定を変更せずに動的IP割り当てと連携させるためのスクリプトを紹介する。(編集局)

()

実用 BIND 9で作るDNSサーバ(7):

DHCP環境などで威力を発揮するDynamic DNS。今回は、nsupdateコマンドを使ってBIND 9におけるDynamic DNSの動作と使い方を紹介する。(編集局)

()

実用 BIND 9で作るDNSサーバ(6):

大規模なサイトでは、「サブドメイン」によって実組織を模したドメイン構成をとることがある。その際、サブドメインの管理を「委任」することが可能だ。今回は、それらの概念や設定方法を解説する。(編集局)

()

実用 BIND 9で作るDNSサーバ(5):

DNSサーバを運営する場合は、スレーブ・サーバ(セカンダリ・サーバ)で冗長化する必要がある。その際に検討すべきはマスター−スレーブ間のゾーン転送とそのセキュリティである。(編集局)

()