メディア

ITmedia

西村めぐみ

PC-9801N/PC-386MからのDOSユーザー。1992年より生産管理のパッケージソフトウェアの開発およびサポート業務を担当。のち退社し、出産・子育てをしながらライターとして活動。著書に『図解でわかるLinux』『らぶらぶLinuxシリーズ』『はじめてでもわかるSQLとデータ設計』『シェルの基本テクニック』など。2011年より、地方自治体の在宅就業支援事業にてPC基礎およびMicrosoft Office関連の教材作成およびeラーニング指導を担当。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧

“応用力”をつけるためのLinux再入門(31):

繰り返し処理では、「for文」または「while文」を使用します。今回は、「for」による繰り返し処理を解説します。for文では、“カレントディレクトリのファイルを順次処理する”のようにリストを基に繰り返す処理や、“1から10まで”のように回数を基にした繰り返し処理を行います。

()

Linux基本コマンドTips(266):

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、フォントのキャッシュファイルを更新する「fc-cache」コマンドです。

()

Linux基本コマンドTips(260):

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、グループIDやグループ名を変更する「groupmod」コマンドです。

()

“応用力”をつけるためのLinux再入門(30):

今回は、シェルスクリプトの中でキー入力を受け取る際に使用する「read」コマンドを取り上げます。まず、前回に続いて、文字列のパターンで分岐する「case」を使い、キー入力に応じて処理内容を変える方法を紹介します。後半では、readコマンドのその他のオプションについて解説します。

()

“応用力”をつけるためのLinux再入門(29):

今回は、文字列のパターンで分岐する「case」を解説します。複数の条件で“Aなら〜する”、“Bなら〜する”、“Cなら〜する”のように処理を分けたい場合は、「if 〜 elif 〜 elif 〜……」で書くこともできますが、文字列のパターンで分岐する場合は「case」が便利です。

()

Linux基本コマンドTips(259):

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、グループを削除する「groupdel」コマンドです。

()

Linux基本コマンドTips(258):

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、新規グループを作成する「groupadd」コマンドです。

()

Linux基本コマンドTips(257):

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ユーザーを削除する「userdel」コマンドです。

()

Linux基本コマンドTips(256):

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、新規ユーザーを作成する「adduser」コマンドです。

()

Linux基本コマンドTips(255):

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、新規ユーザーを作成する「useradd」コマンドです。

()

Linux基本コマンドTips(250):

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、gzipやbzip2、xzで圧縮したファイルに格納されているファイルを表示するコマンドを紹介します。

()

“応用力”をつけるためのLinux再入門(28):

シェルスクリプトの中では、さまざまな条件を指定して使います。今回は、if文での書き方を中心に「条件」の書き方を解説します。また、スクリプトで問題になりやすい「変数の引用符」についても取り上げます。

()

“応用力”をつけるためのLinux再入門(27):

条件によって処理内容を変えたり、繰り返しなどを行ったりする際の書き方を「制御構文」と呼びます。代表的な制御構文としては、if文、case文、for文、while文があります。今回取り上げるのは、条件によって処理を分岐させる「if」です。

()

Linux基本コマンドTips(246):

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、dpkgコマンドとapt-fileコマンド、apt-show-versionsコマンドでファイルのインストール元パッケージを探し、パッケージのバージョンを確認する方法です。

()

Linux基本コマンドTips(245):

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、yumコマンドとrpmコマンドでファイルのインストール元パッケージを探し、パッケージのバージョンを確認する方法です。

()

Linux基本コマンドTips(244):

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ZIPファイルを分割する「zipsplit」コマンドです。

()

“応用力”をつけるためのLinux再入門(26):

シェルスクリプトでは、単にコマンドを実行するだけではなく、条件によって処理を変えたり、繰り返し処理を行ったり、また、通常のコマンドのように引数を受け取って、引数に応じた処理を行ったりすることができます。前回に続き、今回もシェルスクリプトで「引数」を扱う方法を解説します。

()

“応用力”をつけるためのLinux再入門(25):

シェルスクリプトでは、単にコマンドを実行するだけではなく、条件によって処理を変えたり、繰り返し処理を行ったり、また、通常のコマンドのように引数を受け取って、引数に応じた処理を行ったりすることができます。今回は、シェルスクリプトで「引数」を扱う方法を解説します。簡単なスクリプトを加工しながら試してみましょう。

()

“応用力”をつけるためのLinux再入門(24):

シェルスクリプトでは、単にコマンドを実行するだけではなく、条件によって処理を変えたり、繰り返し処理を行ったり、また、通常のコマンドのように引数を受け取って、引数に応じた処理を行ったりすることができます。今回は、シェルスクリプトで「変数」を扱う方法について解説します。

()

“応用力”をつけるためのLinux再入門(23):

シェルスクリプトでは、単にコマンドを実行するだけではなく、条件によって処理を変えたり、繰り返し処理を行ったり、また、通常のコマンドのように引数を受け取って、引数に応じた処理を行ったりすることができます。

()

“応用力”をつけるためのLinux再入門(22):

Windows 10 Fall Creators Update(バージョン1709)から「Windows Subsystem for Linux(WSL)」の正式版が提供されました。これを有効にすることで「bash」などのシェルが、Windows 10上で利用できるようになります。今回は、Windows 10でbashスクリプトを試す方法を紹介します。

()

Linux基本コマンドTips(232):

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、SELinuxの動作モードを表示する「getenforce」コマンドと、SELinuxの動作モードを一時的に変更する「setenforce」コマンドです。

()