ニュース
» 2008年02月20日 22時55分 UPDATE

3分LifeHacking:自分の口臭をツールでチェックする

接客業に限らず、ビジネスシーンで口臭は致命的。客観的に口臭を測定できるツールを使ってみるとよい。

[kizuki,ITmedia]

 販売店など接客が必要とされる業界では、朝の始業時に店員同士が向かい合って互いにハァ〜と息を吹きかけ合い、口臭をチェックするという習わしが存在している。自らの口臭でお客様に不快感を与えると、売れるモノも売れなくなってしまう――というわけだ。

 筆者もこうした店員同士の口臭チェックの現場に何度か居合わせたことがある。手法そのものは若干、いや大いに抵抗があるが、接客前の口臭チェックが重要という点について異存はない。自分の会社にもこうした習慣があれば、アノ上司の口臭も改善されるかもしれない……などと想像してしまう。

st_ko01.jpg 製品パッケージ

 さて、自分に口臭がないかチェックしたいのはやまやまだが、上のようにペアになって息を吹きかけ合うのは抵抗があるという人には、チェッカーを使っての判定がおすすめだ。今回紹介する「ブレステスター」は、6段階で口臭をチェックしてくれる携帯用のエチケットチェッカーだ。飲酒運転の厳罰化でメジャーになった「アルコールチェッカー」の口臭版と考えればいいだろう。

 使い方は簡単で、センサー部に息を吹きかけるだけ。口先でフッと吹くのではなく、肺の奥からハァ〜と出すことにより、正確な口臭のレベルが測定できる。起動には10秒ほどかかるが、結果は一瞬で出るので、待たされることなく利用できる。


st_ko02.jpg 製品本体。単四電池2本で駆動する
st_ko03.jpg 口臭は6段階で表示される

st_ko04.jpg 実際に使ってみたところ。歯磨き粉の種類によっては、まれに高い値を示すことがあるようだ
st_ko05.jpg 口臭チェックのほかに、一般的なアルコールチェッカーとしての機能も備える

 たとえ毎食後にきちんと歯を磨いていたとしても、時間が経つとともに口の中の雑菌は増加してくるわけで、何も食べていないのに高い値を示すことも有り得るのが恐ろしい。接客業の人に限らず、日頃のマナーの一環として、こうしたチェッカーを用いて客観的にチェックしてみてはいかがだろうか。

製品名 実売価格 発売元
ブレステスター エチケットチェッカー 2780円 トップランド

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -