ニュース
» 2008年11月27日 17時48分 UPDATE

仕事耕具:シグマ、パーティションとしても使える机上ラック

シグマA・P・Oシステム販売は、パーティションとして使える机上ラック「PDS-Hシリーズ」を発売する。

[杉本吏,ITmedia]

 シグマA・P・Oシステム販売は、パーティションとして使える机上ラック「PDS-Hシリーズ」を11月下旬に発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は1万1000円から。

ts_ap1.jpgts_ap2.jpg

 「PDS-Hシリーズ」は、大きなバックパネルがパーティションの役割を果たす机上ラック。付属する六角レンチで、ユーザーが組み立てるタイプの製品だ。

 素材にはスチールを採用し、棚板の耐荷重は30キロ。卓上で使う小型プリンタやスキャナなども置けるようになっている。バックパネルは、高さを500ミリと350ミリの2段階で調節可能。

 サイズは2種類を用意し、横幅がコンパクトな「PDS-H580WH」は、585×308×500ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さは7.1キロ。デスクトップPCなどを設置するのに適した「PDS-H1080WH」は1085×308×500ミリ、重さは10.1キロとなっている。

 シグマA・P・Oは「オフィスにおけるパーティションの数を減らし、設備投資面でのコストダウンが可能。パーティション設置に必要なスペースも抑えられ、オフィス空間の効率化を図れる」としている。

品番 サイズ 重さ 店頭予想価格
PDS-H580WH 585×308×500 7.1キロ 1万1000円
PDS-H1080WH 1085×308×500ミリ 10.1キロ 1万3800円

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -