ニュース
» 2009年01月14日 18時30分 UPDATE

災害時、グループウェアで安否確認 「desknet's」に新機能

ネオジャパンは、Webグループウェアの新版「desknet's Ver.7」を公開した。新機能の災害対策機能は、自然災害などが発生した際に、簡単な操作で社員の安否を確認できる。

[杉本吏,ITmedia]

 ネオジャパンは1月14日、Webグループウェアの新版「desknet's Ver.7」を公開した。価格は5ユーザーライセンスで4万1790円から。Windows XP/2000、Server 2003/2008/2000 Serverと、Solaris、RedHat Linux、Turbo Linuxなどの各ディストリビューションに対応する。

ts_desk1.jpg 企業の防災管理者は、社員に安否確認メールを一斉配信。社員は安否状況入力画面へアクセスし、各自の安否を報告する

ts_desk2.jpg インターネット上で公開されている各種ガジェットやブログパーツを取り込んで、ユーザーが自由にカスタマイズできる「個人ポータル」も作成可能

 desknet'sは、スケジューラやアドレス帳、メール、回覧板などの機能を備えるWebベースのグループウェア。最新版のVer.7では、地震や台風などの自然災害やテロ、新型インフルエンザによるパンデミック(感染拡大)が発生した際に、社員の安否を確認できる災害対策機能を搭載した。

 災害対策機能は、企業の防災管理者が社員に対し、安否確認メールを一斉配信できる機能。社員はメールに記載されている安否状況入力画面へアクセスし、3つの項目を選択チェックするだけで各自の安否を報告できる。安否確認画面には携帯電話やPCからアクセスできて、社員への指示や状況の報告、確認なども行える。

 このほか、インターネット上で公開されている各種ガジェットやブログパーツをポータル画面に取り込んで、ユーザーが自由にカスタマイズできる「個人ポータル」と、企業の「共有ポータル」をタブで切り替える機能なども搭載。回覧・レポート機能やアクセスログ機能も強化した。

 ネオジャパンでは、「普段から利用するグループウェアに安否確認機能を追加することには、単体システムにはない実用性やコスト的なメリットがある。利用者は不測の事態でも少ない操作で迅速に使用できる」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -