ニュース
» 2009年01月20日 12時29分 UPDATE

3分LifeHacking:MSはいかにしてGTDをOutlook上で実行させるのか?

GTDの原理に基づいてメッセージやタスクをOutlook 2007で管理する方法を、Microsoftの電子メール部隊が開発。フラグ機能やカテゴリー分類機能を使用して、今スグには対処したくないメールの対応を管理できます。

[Kevin Purdy(訳:まいるす・ゑびす),ライフハッカー[日本版]]
ライフハッカー[日本版]
ts_gl.jpg

 「Getting Things Done」の原理に基づいてメッセージやタスクをOutlookで管理する方法をMicrosoftの電子メール部隊が開発。それをみなで共有出来るように公開しているそうですぜ。

 Ian PalangioはOutlookのinboxを「Pay It Forward Email Management」(PIFEM)用に設定するためのOneNoteチュートリアルを提供しており、その他のPIFEMに関するMSブログポストへのポインターを提供してくれています。


 PIFEMはOutlook 2007のフラグ機能やカテゴリー分類機能を使用して、今スグには対処したくないメールの対応を管理します。フラグへ日付や時間などを設定すると、それを記憶の隅に置いておかなくてもよくなるので、脳みそがフルに他の仕事に使えます。うまく活用すれば、メールで送られてくる、さまざまな誘惑を排除でき、今最も重要な業務へレーザーのように鋭く尽力出来ることでしょう。

 なるほどー、と思った方は彼の他のトレーニングコースなんかも見てみては?(SkyDrive上で共有されてます)

原文へのリンク

copyright (c) mediagene Inc. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ