ニュース
» 2009年02月12日 15時16分 UPDATE

仕事耕具:三洋のICレコーダー トリプルマイク搭載、ラジオ機能付きなど4機種

三洋電機は、ビジネス向けICレコーダーとして、実勢価格7000円でエントリー向けの「ICR-B001M」、ステレオマイクとズームマイクを切り替えられる「ICR-PS501RM」「ICR-PS503」、ラジオ機能付きの「ICR-RS110M」の4機種を発売する。

[杉本吏,ITmedia]

 三洋電機は、ビジネス向けICレコーダー4機種を2月20日に発売する。オープン価格で、実勢価格は「ICR-B001M」が7000円前後、「ICR-PS501RM」が1万5000円前後、「ICR-PS503RM」と「ICR-RS110M」が2万円前後の見込み。「ICR-B001M」はPCと接続ができないスタンドアローンタイプ。そのほかの3機種はWindows Vista/XP/2000に対応する。

実売7000円の低価格モデル――ICR-B001M

ts_sa1.jpg

 ICR-B001Mは、従来機種に比べ約1.4倍の大型液晶を搭載し、「今までテープレコーダーを使っている人でも簡単に使える」というICレコーダー。実勢価格は7000円前後と、PCへデータを転送できるICレコーダーとしては最も低価格帯のモデルだという。

 内蔵メモリは非搭載だが、SDHC対応のSDカードスロットを備える(SDカードは別売り)。内蔵マイクはモノラルで、録音フォーマットはMP3形式。ライン入力を搭載し、MDやCDプレーヤーからのダビングにも対応する。音程を変えずに3段階(75%/100%/150%)の再生速度コントロールが行える。メモ、打ち合わせ、セミナーなど、使用シーンに応じてマイク感度を切り替える「シーンセレクト機能」も搭載する。

 電源は単四形乾電池1本で、アルカリ電池使用時に約33時間の録音と約29時間の再生が行える。サイズは36.6×96.0×13.3ミリ(幅×奥行き×厚み)、重さは約51グラム。

3マイクでリニアPCM録音――ICR-PS501RM、ICR-PS503RM

ts_sa3.jpg ステレオマイクとズームマイクを搭載したICR-PS503RM。4Gバイトの内蔵メモリを搭載し、microSDカードスロットも備える

 ICR-PS501RM、ICR-PS503RMは、左右のステレオマイクと中央のズームマイクを切り替えられる「3マイクシステム」を搭載した。セミナーや講義など、前方正面の録音にはズームマイクを、会議や音楽録音にはステレオマイクを用途に応じて使い分けられる。

 録音フォーマットはMP3形式のほか、オーディオCDレベル(16ビット/44.1kHz)のリニアPCM形式に対応。WMA形式は再生のみ対応する。録音時の音量レベルを60段階で調整可能なマニュアルレベル調整や、突然の大音量を自動で調整して音割れをおさえるピークリミッター機能などを搭載した。音楽/会議/講義/口述などシーンに合わせて録音設定を変更する「おまかせシーンセレクト」、空調音や風切り音を低減するローカットフィルターなども利用できる。

 内蔵メモリはICR-PS501RMが2Gバイト、ICR-PS503RMが4Gバイトで、SDHC対応のmicroSDカードスロットも搭載した(microSDHCカードは別売り)。本体にスライド式のUSBコネクタを搭載し、PCへのダイレクト接続が可能だ。両機種とも、内蔵メモリ容量以外の機能などは同じ。

 電源は単四形乾電池1本で、アルカリ乾電池使用時には約26時間のMP3録音と約10時間のPCM録音、約23時間のMP3再生と約11時間のPCM再生が可能となっている。サイズは35.4×103.0×15.9ミリ、重さは約53グラム。

クレードル別売りのラジオ機能付き単体モデルも――ICR-RS110M

ts_sa4.jpgts_sa5.jpg ラジオ機能付きのICR-RS110M(左)。クレードルは別売りするほか、セットモデルの「ICR-RS110MF」(右)も販売している

 ICR-RS110Mは、2008年11月に発売したラジオ機能付きICレコーダー「ICR-RS110MF」のクレードルが同梱しないICレコーダー単体モデル。

 本体にはメモリを内蔵しておらず、SDHC対応のmicroSDカードスロットを搭載。容量1GバイトのmicroSDカードを付属する。

 録音フォーマットは、MP3形式に加えて、音楽録音に適したリニアPCM形式に対応。リニアPCMでは、サンプリング周波数が16ビット/44.1kHz、ビットレートが1411kbps、最高2万1000Hzの周波数特性を持つオーディオCDレベルで録音できる。WMAファイルの再生も可能だ。

 電源は単三形電池1本。eneloopでの連続駆動時間は64kbpsのMP3形式で約43時間30分(録音/再生時ともに同じ)。44.1kHzのPCM形式で、録音時が約19時間30分、再生時が約20時間となっている。サイズは約50×約18×約114ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さは約92グラム(電池含む)。

 なお、クレードルは別売りで同日に発売する。こちらの実勢価格は1万3000円前後の見込み。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ