ニュース
» 2009年04月03日 19時49分 UPDATE

無料Web会議ソフト「SOBA CITY」にデスクトップガジェット

SOBAプロジェクトは、無料のテレビ会議/Web会議用ソフト「SOBA CITY」をデスクトップから利用できるガジェットを公開した。Yahoo!ウィジェット、Windows Vistaガジェット、iGoogleガジェット、Googleデスクトップガジェットの4種類を用意する。

[杉本吏,Business Media 誠]

 SOBAプロジェクトは4月2日、無料のテレビ会議/Web会議用ソフト「SOBA CITY(ソーバシティ)」をデスクトップから利用できるガジェットを公開した。SOBAプロジェクトWebサイトから無料でダウンロードできる。利用にはSOBA CITYのクライアントソフト(Windows 2000/XP/Vistaに対応)のインストールが必要。

ts_yahoo.jpgts_vista.jpg Yahoo!ウィジェット(左)、Windows Vistaガジェット(右)

ts_igoogle.jpgts_gdesktop.jpg iGoogleガジェット(左)、Googleデスクトップガジェット(右)

 SOBA CITYは、SOBAプロジェクトが2006年3月に公開した無料のテレビ会議/Web会議ソフト。映像、音声、チャット、Webホワイトボード、ブラウザ、アプリケーション共有機能などを使って、遠隔地のユーザーと情報を共有できる。

 今回提供するのは、Yahoo!ウィジェット、Windows Vistaガジェット、iGoogleガジェット、Googleデスクトップガジェットの4種類。これら「SOBA CITYガジェット」を利用することで、デスクトップからSOBA CITYが利用できるようになる。

 ガジェットではテレビ会議やビデオチャットを行うセッション(部屋)を作成し、入室パスワードの設定などが可能だ。自動ログインにも対応し、1度ログインすればその後はログイン名とパスワードを入力することなく利用できる。

 SOBAプロジェクトは産学協同でP2Pのフレームワークを開発するベンチャー企業として2005年に設立した。SOBAとは「Session Oriented Broadband Applications」の略。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -