ニュース
» 2009年04月07日 09時47分 UPDATE

3分LifeHacking:歩数計で運動のモチベーションを維持する

ウォーキングを続けるにはモチベーションの維持が不可欠。日本一周をカウントしてくれる歩数計を使ってみよう。

[kizuki,Business Media 誠]
st_takara01.jpg 製品パッケージ。日本地図を本体に内蔵し、歩数とともに歩いた距離をオールインワンでカウントしてくれる。カテゴリー上は健康器具ではなく、おもちゃに分類される

 毎日の運動には、具体的な指標の策定によるモチベーションの維持が不可欠だ。例えば「○キロ歩く」「○歩歩く」といった目標を立て、それを実行するといった具合である。ウォーキングやランニングであれば、具体的なランドマークを設定するのも、モチベーション維持の観点からして効果的だ。

 別記事「バーチャルトリップで“日本縦断”――楽しみながら運動記録を取る」では、PCや携帯電話との連携によってこれを実現していたが、歩数計単体でこれを行ってしまおうというのが、タカラトミーアーツが発売している「日本一周歩数計の旅」だ。日本の海岸線(計1万8800キロ)を東回りルートで一周することを前提に、歩数を距離に換算し、東京を基点としていったいどのくらい遠くまで来たのかを表示できるというものだ。現在の都道府県と地名はもちろん、名産品や名所まで表示してくれるというシロモノである。

st_takara02.jpgst_takara03.jpg 本体はチープな感じ。ベルトに取り付けて使用できる。3Dセンサーは非搭載なので、寝かせてのカウントはできない。ちなみにストラップを取り付けて首から下げることもできる

st_takara04.jpgst_takara05.jpgst_takara06.jpg (左)初期画面。その日の歩数が表示されている。このほか、合計歩数や距離、現在の都道府県とその地名、名産品や名所を表示することができる(中央)これまでの合計歩数が表示される。ちなみに歩幅は50〜120センチの間で、10センチ単位で設定できる(右)現在の都道府県を地図で表示したところ

st_takara07.jpgst_takara08.jpgst_takara09.jpg 左から現在の都道府県、現在の地名、そこの名産品

 もっとも、パッケージに「日本は意外と広かった!」とあるように、歩けど歩けど、距離はちっとも進まない。あまりに目標が大きすぎて、1日1万歩以下のレベルではほとんど変化が感じられないのである。実際に使ってみた印象としては、1日に2万歩、最低でも週当たり10万歩くらいは歩かないとモチベーションは維持できないと感じた。絶えずチェックして成果を求めたがる「チェック魔」にはあまり向かないかもしれない。また、3Dセンサーは搭載しておらず、歩数計としての精度はイマイチである。

 とはいえ、ほかの歩数計にはないユニークな製品であり、楽しみながら運動できるという意味では珍しい存在だ。本体は厚めだが軽量ということもあり、装着していると存在を忘れてしまうほど。手帳やPCにいちいち記録するのが面倒という人にとっては、ちょっとした初期投資で自動記録および計算してくれるメリットは注目に値するだろう。

本日のレシピ
製品名 実売価格 発売元
日本一周歩数計の旅 3360円 タカラトミーアーツ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ