ニュース
» 2009年04月14日 12時31分 UPDATE

キヤノンのレンタルサーバサービス、料金そのままでディスク容量を100Mから1Gに

キヤノンマーケティングジャパンは、レンタルサーバサービス「Canonet共有ホスティングサービス」の標準Webディスク容量を10倍に拡張した。利用料金は変わらない。

[塙恵子,Business Media 誠]

 キヤノンマーケティングジャパンは、4月13日にレンタルサーバサービス「Canonet共有ホスティングサービス」のすべてのコースの標準Webディスク容量を10倍に拡張し、利用料金は据え置きで提供を開始した。

photo

 オプションで追加できるディスク容量も料金変更はなく、従来の10倍の500Mバイト単位で申し込み可能となるほか、標準ディスク容量にオプション追加分を合わせると、総容量は最大で40Gバイトまで利用できる。

 Canonet共有ホスティングサービスの初期費用は1万290円、月額は5040円から。なお、2009年6月まで初期費用および6カ月分の月額費用が無料となるキャンペーンを実施している。

標準Webディスク容量(初期費用1万290円)
コース名 料金
共有ホスティング MW1 100Mバイト 1Gバイト(10倍) 5040円
共有ホスティング MW2 300Mバイト 3Gバイト(10倍) 7140円
共有ホスティング MW3 500Mバイト 5Gバイト(10倍) 1万500円

最大利用可能Web容量(オプション)
オプション名 料金
Webディスク容量追加 50Mバイト(1口) 500Mバイト(1口) 1050円
Webディスク追加上限 1Gバイト 40Gバイト(40倍)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -