ニュース
» 2009年04月22日 16時12分 UPDATE

仕事耕具:NEXXから、「誤読率10分の1」の名刺OCRソフトが付いたスキャナ4機種

NEXXは、「DocuSaver」シリーズとして、ADFスキャナ「NX2200/NX2400」とフラットベッドスキャナ「NX6200/NX6800」の計4機種を発売する。

[塙恵子,Business Media 誠]

 NEXXは、「DocuSaver」シリーズのスキャナ4機種を4月22日に発売する。ADF(自動紙送り装置)スキャナ「NX2200/NX2400」の2機種と、製本物スキャン対応のブックエッジスキャナ「NX6200/NX6800」の2機種それぞれに、ドライバインタフェースと、文書管理系パッケージソフトが複数添付する。Windows対応のBasic版、Mac版、Windows/Mac対応のPro版、Premium版(NX6800のみ)を用意し、Basic版の価格はNX2200が4万9800円、NX2400が15万7500円、NX6200が6万8250円、NX6800が24万1500円。

 NX2200とNX2400は両面同時スキャンが可能なADFスキャナ。読み取り速度はNX2200は25枚/分、NX2400が40枚/分(A4サイズ)となり、対応解像度はどちらも最大で600dpi。本体サイズはNX2200が156×308×145ミリ(幅×奥行き×高さ)、NX2400が162×337×168ミリ、重量はNX2200が2.3キロ、NX2400が4.4キロ。USB2.0に対応する。

photophoto 左からNX2200、NX2400

 NX6200とNX6800は、読み取り面が広く、書籍や雑誌を解体せずに読みとれるフラットベッドスキャナ。NX6200はA4、NX6800はA3に対応する。解像度はどちらも最大で600dpi。本体サイズは、NX6200が288×480×115ミリ、NX6800が645×428×135ミリ、重さはNX6200が6.38キロ、NX6800が7.6キロ。USB2.0に対応する。両機種ともADFオプションを用意している。

photophoto 左からNX6200、NX6800

photo フラットベッドスキャナ使用例

 各機種ともにワンタッチで、ユーザー指定のアプリケーションを自動的に起動、読み込みを行う。PDFの生成のほか、テキストデータの検索も可能になるサーチャブルPDFの生成も可能だ。

 PDF、サーチャブルPDFのほか生成できるファイル形式は、TIFF、JPEG、BMP、PNG、GIF。アプリケーション連動で、ExcelWordPowerPointなど各種Office形式でも保存できる。

 全機種に名刺OCRソフトウェア「WorldCard」を搭載。NEXXの試験によると、「他社ソフトの誤読率が33.6%であるのに対し、WorldCardは誤読率3%以下と認識精度が高く、名刺修正の手間も少ない」という。また、PhotoShop Elementsを同梱しており、PhotoShop形式の編集もできる。

 オプションとして、デュアルドライバを提供しており、PC上の1つの管理画面から切り替えることなく2台のスキャナを操作できる。

標準添付アプリケーション

  • Twain、ISIS ドライバ
  • Button Manager
  • NEXX ScanProfolio
  • Adobe Acrobat 9
  • Adobe PhotoShop Elements 7
  • ScanSoft (Nuance) PaperPort SE 11
  • PenPower WorldCard 6.3 JP ADF版

オプション選択可能

  • Mac Driver ExactScan
  • FineReader 9 Pro
  • Kofax VRS Pro(NX2200/2400のみ)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ