連載
» 2009年04月23日 16時35分 UPDATE

帰ってきた!ライフハックテンプレート研究室:タスク管理ソフトで人生設計してみる? 帰ってきた「人生年表シート」

ジャストシステムのタスク管理ソフト「xfy Planner」で、Biz.IDのライフハックテンプレートが使えるようになりました。第1弾として公開している「人生年表」をご紹介します。

[杉本吏,Business Media 誠]

 紙とペンで実践する「ライフハックテンプレート(LHT)」を、PCで活用する方法を探る「帰ってきた! ライフハックテンプレート研究室」。

 これまでに「SMARTシート」や「7人の賢者シート」など、LHTをPCで使うための試作品をいくつかご紹介してきましたが、これらの“デジタルLHT”を動かせるジャストシステムのタスク管理ソフト「xfy Planner」が先日ついに発売されましたね。

 β版公開時には3種類を用意していた「リフィル」(xfy Plannerのテンプレートファイル。追加することでインタフェースを大きく変更できる)のラインアップも、どんどん拡大中。スギモトとしては、Googleカレンダーとデータを同期できる「Google Calendarカレンダーサービス 連携機能」や、大きな紙に付せんを貼る感覚でタスクを配置できる「フリーマッピング」あたりが気になってます。リフィルは現在15種類、すべて無料で公開中です。

 中でも注目してほしいのが、3月31日に公開されたばかりの最新リフィル「人生年表」。このリフィル、LHTの「#098 人生年表シート」をベースにした“Biz.ID × xfy Planner”のリフィル第1弾”なのです!

ts_life.jpg LHTの「#098 人生年表シート」

ts_life2.jpg xfy Plannerのリフィル「人生年表」

ts_life4.jpg PCで使う人生年表は、表示期間の細かい調整などが可能。このあたりはデジタルデータならではの強みです

 人生年表シートは、自分が今どこにいるのか、どの時点で何をしたいのかを自由に書き込んで使えるLHT。「○○歳でこんなチャレンジを始めるには、××歳までに資金を△△円貯めて……」といったように、未来の予定から逆算しながら、人生計画を立てるのに便利です。

 紙の方の人生年表は、テキストだけでなく矢印や図を使って書き込むことで、目標達成までに残されている時間や、項目ごとの重要度が視覚的に分かりやすいという利点があります。

 一方、xfy Plannerで使う人生年表は、表示期間を変更できるほか、プロジェクト名による分類などデータを整理する用途にも向いています。


 xfyコミュニティからやはり無償でダウンロードできる「年表用データ」も面白い仕掛けの1つ。「未来年表[宇宙]」や「特撮ヒーロー年表」「日本歴代内閣年表」などのデータを、人生年表のリフィルで閲覧できるのですね。

ts_life3.jpg 「人生年表」と「比較年表」で利用できる年表用データ

 1年当たりのデータ登録量が膨大なため、ちょっと年表データが見づらい部分もあるのですが、『2021年 宇宙旅行ビジネスの市場規模が年間10億ドルに成長する(未来年表[宇宙])』といった記述は読んでいるだけで楽しいもの。

 自分年表には自分の生まれた年を設定する機能があるため、例えば「2021年には自分は50歳。子どもたちも一人立ちしているだろうし、もしかすると夫婦水入らずで宇宙旅行ができるかも?」といったように夢見るのも面白いかもしれません。

 Biz.ID発の「人生年表リフィル」。xfy Plannerは無料試用版が用意されているので、まずはぜひぜひ! お試しください。では、また次回!

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ