連載
» 2009年05月20日 17時00分 UPDATE

みっちゃんのオフィスちゃっかり訪問:初音ミク、涼宮ハルヒ……美少女がいっぱい!? マックスファクトリーの「figma」制作部門に潜入 (1/2)

今回みっちゃんがちゃっかりおじゃましたのは、初音ミク、涼宮ハルヒといったキャラクターの原型を制作している「マックスファクトリー」さん。ヒミツの工場みたいなオフィスに美少女がいっぱい!?

[満木葉子,Business Media 誠]

 面白いサービスとかカッコいいモノを見つけたとき、これってどんな人が作ったんだろう? って考えたこと、ありませんか? どんな人がどんなところでどんなふうにお仕事したらそういうものができるのか、知りたいですよねえ。

photo マックスファクトリーの「figma」の企画制作部門を訪問

 知りたかったら突撃! 生まれついてのちゃっかり者、みっちゃんが気になる会社のオフィスにちゃっかりおじゃまして、どんなところだったかお伝えする「みっちゃんのオフィスちゃっかり訪問」。今回は初音ミク、涼宮ハルヒなどキャラクターの忠実な再現で人気を博す、「マックスファクトリー」さんの「figma」の企画制作部門にちゃっかりおじゃましてきました。ヒミツの工場みたいなオフィスで職人さんたちが熱心にお仕事してました〜。

会社概要

  • 社名:マックスファクトリー(企画制作部門−※編集部注、正式な部門名はなし。便宜的に企画制作部門としています)
  • 設立:1987年4月24日
  • 人数:男性23名 女性2名(平均年齢約30歳)
  • 所在地:JR常磐線北松戸駅から徒歩10分

あれ? ここがオフィス??

photo 渡邊誠社長

 北松戸駅から迎えに来ていただいた車に乗ること約5分。オシャレなビルが現れるものと思いきや、住宅街や倉庫の間をぬけて車が止まったのは、古い、ストレートにいうとボロっとした(ごめんなさい!)2階建ての建物の前でした。「ちゅ、駐車スペースかな……?」と思って見渡してみると、「マックスファクトリー」と縦書きの看板が!? 「おお……っ」。「figma」のイメージから、白くて近代的なビルを想像していたのですが、意表をつかれました。導かれるままに1階正面の自動ドアを入ると、いきなり事務スペースが出現。こ、これは大胆な……。

 入口正面の壁に向かうデスクが4つと、入口のすぐ右脇に唯一フロアを見渡すように配置されたデスクがあり、そこにオーラを放つ男性が座っていました。交わした名刺を見ると……なんと! この方が社長の渡邊誠さん!! 社員は出入りする際に必ず社長の前を通るってことですね。いやあ、なかなかないレイアウトですね。

 ここはもともとコンビニエンスストアだったところを改装したそうで、作業スペースには出入り口以外の窓がありません。窓がない上にシンナーを扱ったりするため、換気にはとても気を遣っていて、換気扇がいっぱいついています。8年前に移転してきた際に、あまりにたくさん換気扇を設置するので、ご近所の方から某宗教団体と間違えられたという笑い話も。間違えられたのも納得です。

photophoto オフィス(制作現場)には出入り口以外に窓がない

コミュニケーションが苦手なわけじゃありません!

 10人ほどいる原型制作の社員さんたちは集中している様子で、かなーり静かです。あまりに静かなので緊張しないのかしらと思ったら、みなさんイヤフォンで音楽を聴いてました。ぶっちゃけ、コミュニケーションが苦手なタイプの人が耳にイヤフォンをつっこんで黙々と作業をしているイメージがあったので、「その通り!!」と思ったのですが、違いました。

photophotophoto 左から金型を作る現場、シリコンを流し形を作る現場、色塗り現場

 作品を1人で仕上げるということはなく、チームプレーなのだそうです。もっといい作品に仕上げるためにみんなで集まって意見を出し合ったり、隣の人の作業をみてワザを覚えたりすることもあるとかで、コミュニケーションを遮らないようにパーティションも設けていません。複製や塗装の作業スペースでも、みなさん作業の手を止めて気軽に取材に応じてくださり、とても気さくでした。イヤフォンはあくまで作業に集中するためだったのですね。わたし、間違ったイメージを持ってましたね。ごめんなさい……。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ