ニュース
» 2009年05月18日 16時22分 UPDATE

仕事耕具:オーエス、4Gバイトメモリ内蔵のマイクロプロジェクタ

オーエスは、米Optoma製のポケットプロジェクタ「PK102」を発売する。4Gバイトの内蔵メモリを搭載しており、PCレスでの投影が可能だ。

[杉本吏,Business Media 誠]

 オーエスは、米Optoma製で4Gバイトのメモリを搭載したマイクロプロジェクタ「PK102」を6月5日に発売する。オープン価格で、実売価格は5万5000円前後の見込み。

ts_pk1.jpg

 PK102は、光源にLEDを採用したDLP方式のモバイルプロジェクタ。4Gバイトメモリを内蔵しており、付属のUSBケーブルを使ってあらかじめデータを転送しておくことで、PCなどの出力機なしでも映像を投影できる。動画はMP4/WMV/RMなど、静止画はJPEGとBMP、オーディオはMP3形式に対応する。

 輝度は10ルーメンでコントラスト比は1000対1。0.2〜2.63メートルの距離から5〜66インチ画面を投影可能だ。入力解像度はVGA(640×480)、出力解像度はHVGA(480×320)に対応する。インタフェースとしてD-Sub15ピン/コンポジット端子などを備え、0.5ワットスピーカーを内蔵する。電源は内蔵バッテリーとACアダプターで、バッテリーの駆動時間は最大2時間。

 本体サイズは51×105×17ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さは118グラム。オプションとして、iPodiPhoneを接続できるAVケーブル「DWA010」(実売5000円前後)や高ゲインノートスクリーン(実売7000円前後)を販売中で、今後ワイドコンバージョンレンズの発売も予定しているという。

ts_pk2.jpgts_pk3.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -