ニュース
» 2009年06月04日 17時56分 UPDATE

3分LifeHacking:やる気を出す方法、こんなにありました (1/2)

梅雨も近づき気分もジメジメ、仕事も手につかない、なんてことありませんか? やる気を出す方法をいろいろ集めてみました。

[塙恵子,Business Media 誠]

 「あー、どこかに出掛けたい」――しかし6月は5月のように連休も、祝日もない。そして梅雨の時期が近づいてきた今日このごろ、湿気で気分もジメジメ……なんてことはないだろうか。

 やる気は出ないが、仕事は山のようにある。これをどう解決するかが、ビジネスパーソンの課題だろう。誠 Biz.IDの中で、「やる気」が出そうな記事をピックアップしてみたので参考にしてほしい(「気持ちをさくっと切り替える方法」はこちら)。

ToDo管理でやる気を出す

 まずは五十嵐重工業が提供するタスク管理ソフト「NetworkTODO(ネットワークトゥドゥ)」。入力したタスクは複数人のグループ内で共有でき、自分のタスク管理だけでなく、ほかの人に依頼したタスク管理のための機能を多く搭載している。

 面白いのは「いもうと」「ドS」「ツンデレ」といった多様な音声パターンが用意されていること。

 「これやっといてね、お兄ちゃん!」(いもうとボイス)、「あと1時間で終わらせないと、お仕置きが待ってるわよ……」(ドSボイス)、「ほら、終わったわよ……べっべつにアンタのためにやったんじゃないんだからねっ!」(ツンデレボイス)などの音声メッセージによって、タスクを依頼されたユーザーのやる気を起こさせる仕様になっている。

photophoto メンバーから新規のタスクを依頼されると、音声とメッセージで知らせる。製品ページではサンプルボイスを試聴できる

 またToDo管理ツール「PingPong2Do」は、「やる気注入ボタン」なる珍しい機能を装備している。ToDoリストの隣にあるアイコンが、やる気注入ボタンで、それぞれが色がやる気の具合を示している。ボタンを押すと灰色から水色→黄色→オレンジ→赤の順に色が変わっていく。これは自ら「やる気を出すぞ!」と思わなければ変わらない仕様。「よし!」っと思い立ってから1週間が経過すると、元の色に戻ってしまうので注意だ。

photo リストのカラフルなアイコンがやる気注入ボタン。グレー→水色→黄色→オレンジ→赤の順にやる気がみなぎる

やる気をコントロールする

 実はやる気が「出ない」のではなく、やる気は何かに「くじかれている」と言うのは平本相武さん。やる気になるには、やる気を出させるのではなくて、“やる気をくじく”ものに気づいて、それをやめればいいだけ。連載「やる気をくじく、8つの方法」にて、1個でも2個でも“やる気をくじくもの”を見つけて実践してみてほしい。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ