連載
» 2009年06月11日 11時00分 UPDATE

あなたの不安、見積もります:「不安のタネ」を探すには、GTDよりマインドマップ

人はよく「漠然とした不安」を口にします。しかし、実は問題は漠然となどしていなくて、非常に具体的なものであるはず。「不安のタネ」を見つけるために、マインドマップが有効な理由を解説します。

[佐々木正悟,Business Media 誠]

ビジネスパーソンの不安ポイント

 タスクや約束を忘れるというのではなく、仕事をしていて「漠然とした不安」に襲われることがあります。具体的な原因が分からないだけに、対策が考えつきません。どうしたらよいでしょう?


 前回は、「その日のうちにやるべきタスクをすべて書き出す」という方法で、優先度の低いタスクから片づけるべき理由を紹介しました。しかし、今回のような悩みをお持ちの人は、その日のうちにやるべきタスクだけでなく、「気になるすべてのことを書き出してみる」という方法を試してみるとよいでしょう。

 この方法はGTDなどでよく紹介されていますが、今回のようなケースについては、マインドマップを使ってみるとよいと思います。リストを個条書きにするGTDに比べて、マインドマップで書き出してみた方が問題の深堀りがしやすく、連想も広がりやすく、何よりも心理的抵抗が薄められるはずだからです。マインドマップで「自分が普段、はっきりと意識してはいないが不安に思っていること」を探り当てるのです。

 GTDなどを使うと、書き出したリストは基本的に「タスク」として認識され、全部ではないにせよそれらは「やるべきこと」に見えるため、「書けば書くほど気が楽になる」とはいかない可能性もあります。

 しかし、お悩みのケースでマインドマップを使った場合、たとえ1つでも「漠然とした不安の原因らしきこと」が見つかったら、もうそれで十分ですから、気になることをどんどん書き出していけばいいのです。「これだ」という不安の根源のようなものが1つでも見つかったら、次にはその問題への対策を考えればいいのです。

不安のタネは忘れかけていることもある

ts_mind.gif

 「そんなことをせずとも不安の根源など明らかだ」という人は、何もこのような方法をとる必要はありません。

 しかし、人はよく「漠然とした不安」を口にします。実はそれは、決して「漠然と」などしていなくて、苦手な同僚が会社にいるとか、ずっと気になっていた案件が延び延びになっているとか、非常に具体的かつ明らかな「問題」を抱えた結果であることが多いのです。

 しかし、不安の根源が非常に具体的だとすれば、ただそれに対処するしかなくなりますから、これをあえて「あいまいに」しようとする心の働きがあります。疲れているときなどに、こうしたことはよく起こります。そして、そのうち本当に問題がどこにあったのかを忘れてしまうのです。

 ただ、意識の上ではほとんど忘れてしまっても、もとより「何とかしなくてはいけないこと」ですから、意識の奥底では「不安のタネ」として残り続けます。その結果「漠然とした不安」に悩まされることになるのです。

 そんな心の底にある「不安のタネ」をもう一度引っ張り上げてきて、意識の明るみのもとで処理する。このプロセスをなんどか繰り返せば、「漠然とした不安」で悩むことはなくなります。マインドマップは、そんな使い方もできるのです。

新刊のご案内

ts_1day1box.jpg

 「シゴトハッカーズ」「あなたの不安、見積もります」の筆者、佐々木正悟さんの新刊『残業ゼロの「1日1箱」仕事術』が発売になりました。

 次に何をすべきかは分かっている、材料もすべてそろっている、でも、なんとなく取りかかる気がしない……。仕事を前に、こんな状況でダラダラと時間を浪費してしまった経験は誰にでもあるでしょう。

 本書のテーマは、どうやって自分の中から「やる気」を引き出すか……といっても、気合いや根性を総動員するような「精神論」ではありません。

 ご紹介しているのは、最新の脳科学・心理学の知識に基づいた「正しい」モチベーションの上げ方なのです。


筆者:佐々木正悟

ts_shogo_sasaki.jpg

 心理学ジャーナリスト。専門は認知心理学。1973年北海道生まれ。1997年獨協大学卒業後、ドコモサービスに派遣社員として入社。2001年アヴィラ大学心理学科に留学。同大学卒業後、2004年ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程に移籍。2005年に帰国。著書に、『スピードハックス』『チームハックス』のほか『ブレインハックス』、『一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方』、『やる気ハックス』などがある。「シゴタノ!−仕事を楽しくする研究日誌」にて「心理ハック」を連載中。ブログ「ライフハックス心理学」主宰。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ