ニュース
» 2009年09月09日 16時00分 UPDATE

ホワイトボードに切り替えも――柄が変化するパーティション「Ritimo」

ライオン事務器は、柄が動くパーティション「Ritimo(リティモ)」を発売。スクリーンやホワイトボードとしても使用できる。

[塙恵子,Business Media 誠]

 ライオン事務器は、柄が動くパーティション「Ritimo(リティモ)」を10月1日に発売する。ローパーティション(高さ2100ミリ)、ハイパーティション(会社の天井に合わせて注文)の2タイプを用意し、市場想定売価は1枚90万円前後〜。

photophoto

 Ritimoはリモコン操作で透過、乳白、スリットが変化するパーティション。ガラスに挟まれたフィルムに封入した「高分子/液晶複合材料」で、電気的に光の透過率を切り替える。使用時には100V、50または60Hzの電源が必要。「乳白時には内部が見えなくなるため、セキュリティ効果を発揮する」(ライオン事務器)。パーティションのほか、乳白時にはスクリーンやホワイトボードとしても使用できる。

 名前はリズムという意味のイタリア語「Ritmo(リトモ)」に由来している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ