ニュース
» 2009年09月24日 12時03分 UPDATE

3分LifeHacking:カサがすべって転倒するのを防ぐ3つのツール

机や靴箱に引っ掛けたカサが倒れてしまうのを防ぐ、便利なグッズを3つ紹介しよう。

[kizuki,Business Media 誠]

 カサを机や靴箱に引っ掛けておこうとしたところ、ツルッと滑って倒れてしまうのはよくある話だ。カサのグリップ部分は主にプラスチックでできているため、滑りやすいのも当然といえば当然である。雨の日のたびにこうしたストレスにさらされるというのも、いまいちふに落ちない話だ。

 そんなわけで今回は、カサを引っ掛けておくのに便利な、転倒防止グッズを3つ紹介しよう。

グリップの先端に取り付ける「ステッキ替ゴム」

photo 「ステッキ替ゴム」。今回使用したのは直径21ミリのタイプ。同種の製品はさまざまなメーカーから発売されており、先端が平らになったタイプや、接地面が地面と並行になる可動タイプまでバリエーションは豊富だ

 最初に紹介するのは「ステッキ替ゴム」だ。もともとはつえに取り付けるためのグッズだが、径が合えばカサにも取り付けることが可能だ。カサのグリップ部分にこの商品を装着しておけば、机や靴箱などに引っ掛けた場合でも、強力な滑り止めの役目を果たし、転倒を防止してくれるというわけだ。

 グリップだけではなく、カサの先端部にキャップのように取り付けておけば、電車の中などで不意にカサが滑って倒れてしまうのを防ぐ効果もある。ただし先端にはめ込むだけなので、カサを引きずって歩くと脱落しがちなので要注意だ。

photophoto グリップの先端に取り付けたところ(左)、机や下駄箱に引っ掛けても滑らない。多少斜めになっても問題なく利用できる(右)

製品名 実売価格 販売元
ステッキ替ゴム 120円 東急ハンズ

グリップの根元に取り付ける「ステッキ&アンブレラホルダー」

photo 「ステッキ&アンブレラホルダー」。今回紹介する中では唯一、カサでの利用を前提に作られた製品だ

 過去に紹介した「ステッキ&アンブレラホルダー」も、カサの転倒防止には便利な商品だ。フックのような形状をしており、カサのグリップ部分に取り付けることで、机や靴箱の端にカサを引っ掛けられるようになる。

 取り付けは簡単で、ゴム製の本体を手でこじあけ、グリップに挟んで装着するというものだ。詳細は過去記事「雨の日の商談に効く! カサの転倒防止グッズ」を参考にしてほしい。

photophoto グリップの根元に取り付けて使用する(左)、根元部分を机や下駄箱に引っ掛ける形になる。カサを差す際にやや邪魔になるのが玉にキズ(右)

製品名 実売価格 発売元
ステッキ&アンブレラホルダー 小1680円、大1985円 POPab(スウェーデン)

マグネット付でスチール面への装着も可能な「転ばぬ杖」

photo 「転ばぬ杖」。もともとはステッキに取り付ける介護用の製品だ。サイズは各種ある

 今回はもう1つ、ステッキの転倒防止ツール「転ばぬ杖」も紹介しておこう。これはステッキが「ト」の形になるように枝を生やすためのパーツで、これをカサのグリップ部分に取り付けておけば、机や靴箱などにカサを引っ掛けておくことが可能になる。接触面にはラバーが貼られているため、すべりにくいのがミソだ。

photophoto 滑り止め加工が施されたアーム部は、根元から90度可動する

 このラバーの接触面にはマグネットも内蔵されているので、金属扉やロッカー、車のボディなどのスチール面に貼り付けることもできる。これは本製品がもともと介護用の製品で、介護者が車に乗り降りする際に、ステッキを立てたまま一時的に保持しておくことを目的にしているためだ。カサ立てがない家庭では、カサを玄関の金属扉に取り付けておくために使うこともできる便利な一品だ。

photophotophoto グリップの根元に取り付けたところ。カサにもよるが、開閉時にやや邪魔になる場合も(左)、机や下駄箱に引っ掛けることができる。表面はラバーなので滑りにくい(中央)、マグネットを内蔵しているため、金属扉などスチール面への装着も可能(右)

製品名 実売価格 発売元
転ばぬ杖N(K800T-M) 945円 ユーワ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -