ニュース
» 2009年10月05日 15時09分 UPDATE

仕事耕具:貴重品は本棚に――カール事務器が“英和辞典風”金庫

セーフティボックス(ブックタイプ)は、辞書サイズの本体に英和辞典風のブックケースをかぶせた鍵付きの小型金庫。「デスク回りや本棚など、あえて“見えるところ”に無造作に置いておくことで、カモフラージュ効果が期待できる」という。

[杉本吏,Business Media 誠]

 普段からよく使う印鑑や通帳は、すぐに手が届く範囲に保管しておきたいもの。とはいえ、貴重品を堂々と机の上などに置いておくのはさすがに気が引ける。カール事務器の「セーフティボックス(ブックタイプ)」は、そんな悩みを持つ人向けの製品だ。10月中旬発売で、価格は3150円。

ts_safetybox.jpg

 セーフティボックス(ブックタイプ)は、辞書サイズの本体に英和辞典風のブックケースをかぶせた鍵付きの小型金庫。本体サイズは156×58×243ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さは830グラムで、解錠用キー2つときんちゃく袋1つが付属する。内部はスチール製で「セキュリティ対策も万全」(カール事務器)。

ts_safetybox1.jpgts_safetybox2.jpg

 カール事務器は、「外観からでは本物の辞書と見分けがつかないほどリアルな作り。デスク回りや本棚など、あえて“見えるところ”に無造作に置いておくことで、カモフラージュ効果が期待できる」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ