ニュース
» 2009年11月26日 20時06分 UPDATE

サイボウズが「プライベートでも使える」グループウェアを発表、20名まで無料

サイボウズが新グループウェア「サイボウズLive」を発表した。メンバー招待制の非公開グループを複数作成し、ビジネスに加えプライベートでも利用できるという。

[杉本吏,Business Media 誠]

 サイボウズは11月26日、メンバー招待制の非公開グループを複数作成し、ビジネスに加えプライベートでも利用できるというWebグループウェア「サイボウズLive」を発表した。20人までのグループには無料で、21人以上のグループには有料で提供する。すでに一部ではクローズドβ版の提供を開始しており、正式版の公開は2010年前半となる見込み。

ts_cl1.jpg 「サイボウズLive」のグループトップページ。グループ名、参加メンバー、スケジュール、最近の更新内容などを表示できる

 サイボウズLiveは、1つのIDで「グループ」と呼ばれるコミュニティを複数作成できるグループウェア。企業としてすでに導入しているグループウェア(=ファーストグループウェア)とは別に、社外の人間も含めたプロジェクトや、家族、同級生、趣味の集まりなどのメンバーで利用することを想定した“セカンドグループウェア”という位置づけだ。

 グループウェアとしての機能は「サイボウズ Office」などで提供しているものと同様で、スケジュール、設備予約、掲示板、共有フォルダなど。ユーザーはメールでメンバーを招待することでクローズドなグループを作成でき、メンバー間だけでスケジュールなどを共有できる。自分が参加しているグループの情報は「ホーム」画面に一覧表示できるため、情報の更新があった場合にすばやく確認できる仕組みだ。

ts_cl2.jpg 「サイボウズLive」のホームトップページ。スケジュールには参加している各グループの予定を一括表示できる

 すでに利用している「サイボウズ Office」とは、専用クライアントソフト「サイボウズLiveシンク for Windows」を使って自動的にデータを同期し、予定を一元管理できる。また、PC用のユーザーインタフェース(UI)に加え、国内の主要3キャリアに対応する携帯電話用のUIと、iPhoneやAndroid端末から利用できるスマートフォン用UIを用意しており、外出先などでも手軽に情報を確認できるという。

ts_cl3.jpgts_cl4.jpg iPhone用ユーザーインタフェース

 このほか、将来的には「Googleカレンダー」や「サイボウズ ガルーン2」との同期機能も搭載し、iPhoneアプリの提供やAPIの公開も予定している。なお、有料版の具体的な価格やオプション機能については検討中だという。


ts_aono.jpg サイボウズの青野慶久社長。サイボウズLiveでは「10個くらいのグループを作り、同級生や家族と連絡を取り合っている」という

 サイボウズの青野慶久社長は、「会社で既にグループウェアを使っている人は多いと思うが、実際には他社とのつながりや家族、同級生など、人は会社以外にもたくさんのグループに参加している」とし、「こうしたセカンドグループでは、コミュニケーション方法が電話やメールしか用意されていない」とコメント。

 青野氏は「サイボウズLiveはさまざまなデバイスからアクセスできるため、PCを使い慣れていない人でも利用できるし、SNSと違って閉じられた空間なため、安心して実名でやりとりできる」とし、サイボウズLiveのメリットを強調した。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ