連載
» 2009年12月08日 16時10分 UPDATE

iPod touchだってできるもん:インフルエンザ感染対策にも――iPod touchで離れた家族の生活を知る方法

iPod touchの特徴を生かしたアイデアを考えて実験、実践する連載「iPod touchだってできるもん」。今回はiPod touchを使って、離れた家族の生活を感じる方法をテストしてみました。

[石井力重,Business Media 誠]

 前回は、iPod touchを使って交流会のデジタルネームプレートを作ってみました。今回のテーマは「iPod touchを使って、離れた家族の生活を感じる」です。

 出張や単身赴任の多いビジネスパーソンにとって、家族との時間は貴重ですね。電話で声を聞く以外に、iPod touchで家族の様子を感じる方法をご紹介したいと思います。ポイントは、手間の少なさと扱いの簡便さです。

用途アイデア名 iPod touchで離れた家族の生活を感じる
3つの効果 1. 家族が好きな人には、家庭の生活音で癒される
2. さりげない、自然な音を拾える
3. 離れた部屋にいる子供、赤ちゃんの様子の簡易モニターにできる
必要な道具 マイク(iPod touchに差しこめるカプセル型のものがオススメです)

 PCにSkypeをインストールした時に、ガイドに従って簡単に登録できます。その後ログアウトします。すると「アカウントを開設」できる画面が表示されます。もともとIDを持っている方もこの使い方用に、新規に2つ作ることをオススメします。

photo

  • 3. Skypeに PCとiPod touchからログインする(2度目以降のログインはアプリの起動だけでOK)
  • 4. iPod touchにマイクを差す(マイクを差すことで、音が拾えると同時に差している間は本体からは音が出ません)
  • 5. PCから、iPod touchSkype電話する
  • 6. 電話がかかって来きたらそれを受ける
photo

  • 7. 後は、居間などに置いておく(マイクを人のいる方に向けておくとよく聞こえます)

 想定シーンとしては2つあります。

シーン1

 単身赴任中の休日に家族電話して切る前に、家に置いてあるiPod touchSkypeアプリを立ち上げてもらいます。そしてこちらのPCのSkypeから発信し「応答(右の緑のボタン)」を押してもらいます。これだけの操作ならば、電話の向こうの家族に頼めるでしょう。

 筆者のテストでは1時間をちょっと過ぎたところで、何かの拍子に切れてしまいました。その1時間は、PCから家族の会話や笑声、おやつを食べたり、時には子供たちがけんかしている声が聞こえてきました。

 固定電話携帯電話でも声は聞こえるのですが、それは話そうとしている状態の声を聞いています。このモニターの場合「普段の生活」がより感じられます。

 なお、同じことは自宅に置いたPCを立ち上げてもらう、ということでも実現できます。しかし試したところPCの起動がもたもたするし、片付けるのも面倒だったり……。電話の向こうの家族にも頼みにくく、実現的ではありませんでした。

シーン2

 別室に寝かしつけた赤ちゃんや、インフルエンザで別室隔離している家族の様子をモニターする場合に、Skypeを通話状態にしたiPod touchをおいておきます。マイクをさせば音が出なくなりますので、意図しないアラーム音の発生を100%防げます。

 1時間ごとに部屋に様子を見に行きつつ、切れていたら再接続します。

  • アイデアの評価:★★★☆☆

 この使い方は、ニーズのない人もたくさんいることは重々承知していますので、それを考慮し★は3つにしました。それでもビジネスパーソンに限らず、家族と過ごす時間で力をもらっている人は多いと思います。出張中の休日に「家族の普段の生活をBGMとして聞く」ことは、精神的にもよさそうです。

 もし勝手にモニターされたら家族でも嫌かもしれません。このように通話スイッチをいれてもらうひと手間が存在するのは、むしろ好ましいでしょう。

 出張に行く場合、iPhoneを自宅に置いていくことはなかなかできません。iPod touchなら1〜2日くらい自宅に置いておくのも可能だと思います。iPod touchを複数所有していたり、iPhoneとiPod touchの両方を持っているのなら、ぜひ試してみてください。

 次回は、「付せんをつかった辞書学習法」をヒントにした、専門分野の知識を少しずつ学習する方法をご紹介します。

著者紹介:石井力重(いしい・りきえ)

photo

 アイデアプラント代表。1973年生まれ、東北大学大学院卒。創造性育成ツール開発プロジェクトではリーダを務め、そこから誕生したブレインストーミング学習教材『ブレスター』は、みやぎものづくり大賞で、優秀賞を受賞。アイデア創出のプロセスを研究し、創造力を補佐する道具の開発と、アイデア・ワークショップを行っている。著書に『アイデア・スイッチ』など。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -