連載
» 2009年12月25日 08時30分 UPDATE

名言で読む「リーダーの必読書」:他者を許すことのできない人は、自分も渡らなければならない橋を自ら壊すようなものだ

あなたに害を及ぼした人を、その人の行動ではなく、あなた自身の行動によって許す強さを備えなければいけない。

[フランクリン・コヴィー・ジャパン,Business Media 誠]

 他者を許すことのできない人は、自分も渡らなければならない橋を自ら壊すようなものだ。

――ハーバート卿(英国の哲学者・神学者)

 許すことは、より良い人生を実現するための原則だ。「間違いを正す」行動として私たちが果たすべき責任の一部でもある。許すということをしないと、私たちはこの決定的な行動に違反することになる。明確な判断、情緒的自由、予想される高信頼配当を自ら放棄するだけでなく、他者が自らを許し個人的に変革するのを邪魔する恐れもある。

 あなたに害を及ぼした人を、その人の行動ではなく、あなた自身の行動によって許す強さを備えなければいけない。そして、非礼を恥じるために許すのではない。マンデラが範を示したように、自分自身に明快さと心の安らぎをもたらすために許すのである。

(『スピード・オブ・トラスト』473ページより抜粋)

名言を実行力に変える! スピード・オブ・トラスト 公開セミナーのお知らせ

開催概要
日程 2010年2月18日(木)〜2月19日(金)
時間 9時〜17時(2日間とも)
料金 10万1850円
会場 フランクリン・コヴィー・ジャパン セミナールーム(東京都千代田区麹町)

『スピード・オブ・トラスト 「信頼」がスピードを上げ、コストを下げ、組織の影響力を最大化する』

book_sot.jpg 『スピード・オブ・トラスト 「信頼」がスピードを上げ、コストを下げ、組織の影響力を最大化する』

 「どんな状況であれ、信頼ほど即効性が期待できるものはないと断言できる。そして、世間の思い込みに反し、信頼は自分でなんとかできるものなのだ」――。

 『7つの習慣』で著名なコヴィー博士の息子、スティーブン・M・R・コヴィーが、ビジネスにおける“信頼の力”を体系化したのが本書『スピード・オブ・トラスト』。

 企業の不祥事や社内の権力争い、人間関係の崩壊などが問題視される昨今、新しいリーダーに求められる能力とは何なのか。私たちが行うあらゆる活動の質に働きかける信頼の力を、本書中の“名言”を抜粋しながら解説します。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -