ニュース
» 2010年02月15日 10時54分 UPDATE

3分LifeHacking:ビジネスホテル客室の廊下のコンセントを活用する

ホテル室内の入口付近、廊下の足元あたりに、使い道がいまいち分からないコンセントが設置されているのをよく見かける。そんな廊下壁面のコンセントを有効活用するためのグッズが「Driinn」だ。

[kizuki,Business Media 誠]
ts_driinn00.jpg ビジネスホテルのデスクまわりにありがちな光景。ノートPCとケータイ、音楽プレーヤーをすべてつなぐには数が足りないことも多い

 インターネット回線を利用できるのがもはや当たり前になったビジネスホテルだが、いまだに潤沢にあるとは言えないのがコンセントだ。

 ノートPCはもちろんのこと、ケータイや音楽プレーヤーを持ち歩くことにより、かつてに比べてさらに多くのコンセントが求められていると思うのだが、ポットやドライヤーなど既存の設備と合わせて、ホテルのデスクまわりには十分な数のコンセントが確保されているとは言い難い状況だ。


 その一方で、ホテル室内の入口付近、廊下の足元あたりに、使い道がいまいち分からないコンセントがぽつんと設置されている光景をよく見かける。おそらく清掃時に掃除機を接続するのを目的に設置されているのだろうが、利用者の側からしてみると、そんなところにコンセントを設置する余裕があるのなら、枕元にもうすこしコンセントを増やしてくれよ、と叫びたくなる。

ts_driinn01.jpg 製品本体。90度折れ曲がったヘラの根元にぽっかりと穴が開いているような不思議な構造

 さて、そんな廊下壁面のコンセントを有効活用するためのグッズが、今回紹介する「Driinn」だ。

 輪っかに「へら」がついたような不思議な形状をもつこの製品、一見しただけではどのように使うのか想像しづらいが、充電用のACアダプターにひっかけることで、ケータイなどの小物を地面に置かずに充電するためのグッズなのだ。

2月15日 16:00 編集部追記 読者から「ホテル客室外の電源利用は違法ではないか」とのご意見をいただいておりますが、当記事で紹介しているのは「宿泊している客室内の廊下」での利用であり、客室外での電源利用を推奨するものではありません。誤解のおそれのある表現となりましたことをお詫びいたします。

ts_driinn02.jpg 裏面に使い方が書かれている

 廊下のコンセントを充電目的で使う場合、対象の機器を床に直置きしなくてはならず、衛生面で問題があるほか、夜中に歩き回っていてうっかり蹴飛ばしてしまう可能性もなくはない。

 そんな時にこの製品があれば、壁面に小物置きのようにして設置できるので、安全に充電が行えるというわけだ。


ts_driinn03.jpgts_driinn04.jpg ビジネスホテル廊下のコンセントと組み合わせて使うと便利(左)。もちろん一般家庭でも便利に使える。実際にケータイを置いたところ(右)。ケータイを床に直置きせずに充電が行える。余剰ケーブルは本体に巻きつけてもよい

 欲を言えば折りたたみ式の構造のほうが持ち運びしやすかったのだろうが、そこは軽量ということで我慢したいところ。出張の多いビジネスマンにお勧めできるグッズだ。

本日のレシピ
製品名 実売価格 発売元
Driinn 840円 driinn

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ