ニュース
» 2010年03月11日 17時36分 UPDATE

3分LifeHacking:とにかくシンプルな「TypeWith.me」でリアルタイムドキュメント共有、編集

インターネット上で手軽にドキュメント編集をしたい。それも、ユーザー登録とかアプリのインストールとかなしで。TypeWith.meをお試しあれ。

[Lisa Hoover (訳:松井亮太),ライフハッカー[日本版]]
ライフハッカー[日本版]

 Google Waveの、ドキュメントのリアルタイム共有はぜひ使いたい。しかしインタフェースが気に入らない、登録が面倒という方もいると思います。それでは、「TypeWith.me」を使ってみてはいかがでしょうか? TypeWith.meはサインアップの必要のない、シンプルで堅実なドキュメント共有Webアプリです。

do_3lh100311.jpg

 Typewith.meの生まれた簡単な背景:先日Googleは、Waveへの統合を目指して、以前にも紹介したEtherpadを買い取りました。しかし、その後Etherpadのサービスを終了させたために、反発にあい、その結果アプリ全体がオープンソースになりました。そのコードを取って、新たなサーバに乗せたものが、TypeWith.meというわけです。Etherpadのように、近日閉鎖の予定もありません。

 使い方は、非常にカンタンです。「New Document」をクリックすると、すぐにドキュメントの編集ページに飛びます。普通にタイプする、HTML、リッチテキスト、Wordドキュメントなどをインポートすることができます。

 「share this」をクリックすると、作成した各ドキュメントファイルにユニークなURLがつきます。そのURLをほかの人に教えれば、リアルタイムで共有、共に編集が可能です。Typewith.meは、編集者によって色を変更してくれるので、誰が編集したのかの判別もカンタンにつき、編集内容もリアルタイムでシンクロするので非常に便利です。編集が済んだら、6種類のフォーマット(Word、PDF、HTMLなど)から選び、ドキュメントをエクスポートしましょう。

 Google Waveのユーザーには馴染みのある機能の多いTypeWith.me。しかし、よりシンプルに作られている分、とにかくカンタンで使い勝手もいいです。無料のWebアプリなので、ぜひ試してみてください。

原文へのリンク

copyright (c) mediagene Inc. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -