ニュース
» 2010年03月24日 19時53分 UPDATE

3分LifeHacking:Googleカレンダー上のみんなの予定を「Smart Rescheduler」で素早く変更

「GoogleカレンダーLabs」に追加された新機能「Smart Rescheduler」は、会議などの複数人が参加する予定を変更する際に「ベストな候補日時」をすぐに決められます。

[Adam Pash (訳:松井亮太),ライフハッカー[日本版]]
ライフハッカー[日本版]

 GoogleカレンダーLabsにて、新たな実験機能「Smart Rescheduler」が公開されました。会議などの複数人が参加する予定を変更する際に、「ベストな候補日時をすぐに決められる」非常に便利な機能となっています。

ts_gcalendar.jpg

 日本版がまだ正式には出ていないので、一度Googleアカウントの設定から、表示言語を「English」に変更します。そしてLabsに入って「Smart Rescheduler」を「Enable」にし、表示言語を再び日本語に戻せば、使用準備完了です。カレンダーの右側にSmart Reschedulerのウィンドウが現れるようになります(カレンダーを見る際に邪魔であれば、カレンダー横の矢印をクリックすれば隠れます)。

 変更したい予定があり、参加者全員に合う日時を探す時は、Smart Reschedulerのウィンドウの「Find a new time」をクリックします。記事冒頭の画像のような画面が現れるはずです。その表示は、

 予定を変更できる日時のランクリストです。Googleカレンダーが共有してるカレンダーを検索して、全員が参加可能な候補日時を表示してくれます。もちろんGoogleの社員が手動でやっているわけではなく、100%自動処理です。参加者の変更、期間内で一番近いもしくは一番遠い日時に設定、一部日時を無視、予定の時間の長さの変更などもできます。ユーザーの要求に応じて、結果はすぐに更新されます。(The Official Gmail Blog

 Googleカレンダーを予定組みに使っている会社や、学校などに通っている方は、試しに使ってみてはいかがでしょうか。参加者全員の空き日時が表示されるので、迅速に全員の予定を変更できて、非常に使い勝手がいいです。是非レギュラー入りしてほしい機能ですね。

原文へのリンク

copyright (c) mediagene Inc. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -