ニュース
» 2010年04月01日 19時04分 UPDATE

仕事耕具:ロココ調をイメージしたシャープペンとボールペン

プラチナ萬年筆は、ロココ調デザインをイメージしたシャープペンとボールペン「リビエール」を限定2000本で4月10日に発売する。

[岡田大助,Business Media 誠]

 プラチナ萬年筆は、ロココ調デザインをイメージしたシャープペンボールペン「リビエール」を限定2000本で4月10日に発売する。価格は1万500円。

do_bun100401_1.jpg 「リビエール」シャープペン(左)と「リビエール」ボールペン(右)

 真ちゅう(真鍮)製ボディにロジウムメッキが施され、軸彫刻の柄には「アミシマ」と「レット」の2種類を用意。専用の巾着ケースが付属する。

 シャープペン(MHR-10000)の大きさは、128×8.3ミリ(全長×最大軸径)、重さは19グラム。芯径は0.5ミリ。ボールペン(BHR-10000)の大きさは、130.5×8.3ミリ(全長×最大軸径)、重さは20.2グラム。ボール径は0.7ミリ。

 ロココ調は、18世紀のフランス宮廷で生まれ、欧州で流行した美術様式。ルイ15世の愛妾ポンパドゥール夫人を中心に、繊細で優美なデザインが建築、絵画、音楽などに広がった。プラチナ萬年筆によれば、「曲線を多用するこの様式は細身の筆記具にマッチし繊細で優雅な1本に仕上がった」という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ