ニュース
» 2010年04月07日 19時09分 UPDATE

いまどきのロボットはTwitterで操作する

「ロボットを遠隔操作する装置」と質問されたら、何と答えるだろうか。リモコンやゲームパッド以外で。

[岡田大助,Business Media 誠]

 「ロボット遠隔操作する装置」と質問されたら、何と答えるだろうか。“鉄人28号”のようなレバーの付いたリモコン? それとも、家庭用ゲーム機のコントローラー?

 インタロボットが特許を持つ「iRT」技術を使うと、Twitterからロボットに音声と文字情報で“つぶやかせる”ことが可能になる。

 iRTは、音声からロボットの身体動作を生成する技術。例えば、iRTを採用した植物型おもちゃ「ペコッぱ」では、話しかけると会話の空気を読んで3種類の“うなずき”を返す。今回、インタロボットでは、テキスト読み上げ機能と動作生成機能をTwitterに連携させた。

do_irt100407.jpg 運用イメージ。“つぶやき”の読み上げと文字情報表示ができる

 同社では、「本システムを、ライブ感あふれ動いて、しゃべる電子看板ロボットとして提案する」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ