連載
» 2010年04月16日 15時45分 UPDATE

オンラインフォトストレージ探訪:写真も動画もなんでもこい、公私も問わない万能サービス「quanp」

リコーの「quanp」は最大100Gバイトまで利用できるオンラインストレージ。ファイル種別制限なし、SSL通信などでビジネスユースにも耐えるほか、内容が確認しやすい3Dビューやプリントサービスなど写真まわりの機能も充実している。

[小山安博,ITmedia]

 リコーが提供する「quanp」は、さまざまなファイルを保存できるオンラインストレージながら、フォトストレージ機能も充実しているサービスだ。もともとさまざまなファイルに対応した汎用ストレージサービスなので、画像だけでなく、ほかのファイルもアップロードしたいユーザーに適している。

photo quanp

最大100Gバイト、プランは3種類

 quanpには3種類のコースがあり、最大1Gバイトまでの容量を無料で利用できる「トライアル」、最大10Gバイトまでを月額300円で利用できる「スタンダード」、そして100Gバイトで月額980円の「クオンタム」が用意されている。

 アップロードできるファイルの種類に制限はなく、あらゆるファイルをアップロード可能。そのなかでアップロードしたファイルの中身をサムネイルとして表示することができるのは、Microsoft Office Word/Excel/PowerPoint、PDF、TXTに加え、JPEG/GIF/PNG/TIFF/DNGといった画像ファイル、3GP/ASF/MOV/AVI/MP4/MKV/M2TS/VOB/DIVX/MPG/WMVといった動画ファイル、そしてPSD/AIのAdobe Photoshop/Illustratorファイルのサムネイル表示にも対応する。デジカメカメラユーザーであれば、DNG形式のRAWファイルにも対応しているのがうれしいだろう。

 ファイルサイズの制限は特になく、大容量のファイルもアップロードできるのがメリットだ。

見やすく楽しいquanp

 アップロードする方法としては、Webサイト「quanp.net」、Windowsアプリケーション「quanp.on」、Adobe AIRアプリ「quanp drop」がある。quanp.on/quanp dropなら、ドラッグ&ドロップで複数のファイルを一度にアップロードできる。また、quanp.onがインストールされていれば特定フォルダを自動的にアップロードすることもでき、大切な写真のバックアップ機能としても利用できるだろう。

photophoto 3Dビューが特徴的なquanp.on。ドラッグ&ドロップでファイルのアップロードが可能だ

 quanp.onでは、「3Dビュー」と呼ぶ立体的なユーザーインタフェースでアップロードしたファイルを確認でき、見た目に楽しい。アップロードした画像はサムネイルで表示され、拡大表示やフルスクリーン表示も可能なので、quanp.netにアクセスしなくても内容を確認やダウンロードもできる。アップロード時にタグを設定でき、タグや作成日時、キーワードといった検索が可能で、大量のファイルをアップロードしていても検索しやすいというのもポイントだ。

 アップロードするフォルダは「プレイス」という名称で、プレイス単位で特定の人に公開し、ファイルを共有する「シェアプレイス」を設定できる。ただし、プレイスの共有を行うには、スタンダード以上の有料会員になる必要がある。

 共有へ招待する場合は、quanp IDまたはメールアドレスを指定して招待する。メールで受け取った場合、リンクをクリックすると該当するプレイスの閲覧が可能。シェアプレイスでは、ファイルのダウンロードや閲覧、コメント追加などができるほか、権限設定が可能で、特定の相手に「編集者」権限を与えるとファイルのアップロードなども可能になる。

 無料のトライアル会員の場合はプレイス自体を共有できないが、quanp.netにアクセスし、画像を選択して「送信」アイコンをクリックすると、100MBのファイルを10個/10人まで送信できる。スタンダードコースは500Mバイト/30個/20人までファイルを送信でき、クオンタムコースは1Gバイト/30個/20人まで送信できる。

 フォトプリントサービス「quanp photo print」も用意されている。富士フイルムの「プロ仕様プリント」が自慢で、単純な1枚のみのプリントからアルバム「フォトブックスクウェア」など5種類のプリントサービスが用意されている。フォトブックスクウェアは通常は10〜20ページで1450円だが、クオンタムメンバーだけは1230円の割引価格で提供される。

 プリントサービスはquanpに保存されていない状態(ローカルのHDDに保存されている写真)からもからも利用可能で、注文した画像はそのままquanpへそのまま保存することができるので(最大1Gバイトまで)、焼き増ししたい場合も便利だ。

写真以外も保存したい人に最適

 quanpはWindowsアプリケーションが充実しており、アップロードした画像をローカル環境でも簡単に確認できる上、プレイスの共有もアプリケーション側からできるので、Webサービス単独よりも自由な使い勝手を実現している。

 画像だけでなく、ありとあらゆるファイルをアップロードできるのがquanpの魅力だ。リコーは通信のSSL化や操作の快適性などからビジネス用途にも耐えられるサービスであることを強調しており、公私を問わずに活用できそうだ。

 quanpには3つのプランが用意されており、無料の1Gバイトでもかなりの容量だが、有料プランには共有プレイス、携帯電話からのファイル閲覧やアップロードといったサービスも用意されており、より便利に使うことができる。

 プライベートでもビジネスでも、そしてあらゆるファイルをやりとりしたい人にお勧めしたいサービスだ。

名称 quanp
価格 無料/月額300円/月額980円
容量 1Gバイト/10Gバイト/100Gバイト
対応フォーマット 静止画:JPEG/GIF/PNG/TIFF/DNGなど、動画:3GP/ASF/MOV/AVI/MP4/MKV/M2TS/VOB/DIVX/MPG/WMVなどがサムネイル表示可能。アップロードできるファイル自体の種別制限はなし
公開範囲設定 特定の人(有料会員のみ)
専用アプリケーション Windows用/Mac用
携帯/スマートフォン対応 閲覧/アップロード対応(有料会員のみ)、スマートフォン専用サイトなし

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ