ニュース
» 2010年05月19日 16時49分 UPDATE

3分LifeHacking:1時間の会議を45分に短縮するための5つの法則

会議といえば、1時間が定番。しかし、本当に「1時間」必要なのでしょうか? この時間を25%カットし、45分に短縮するためのコツをご紹介しましょう。

[Kevin Purdy(訳:松岡由希子) ,Lifehacker]
ライフハッカー[日本版]

st_kaigi01.jpg

 会議といえば、1時間が定番。ゆえに、カレンダーアプリでも、予定やイベントのデフォルト値が、1時間単位になっていることが多いわけですね。しかし、本当に「1時間」必要なのでしょうか? こちらでは、この時間を25%カットし、45分に短縮するためのコツをご紹介しましょう。

 会議スケジュール用Webアプリ「TimeBridge」では、ユーザーから「会議時間を短縮する方法」についてアイデアを募り、そのポイントを、以下の5つの法則にまとめています。

1:事前に計画する

 会議の目的を明確にし、アジェンダを作成する。それぞれの議題に、割り当てる時間も想定すること。事前にアジェンダを参加者へ配布し、予め準備してきてもらおう。

2:参加者を厳選する

 会議に貢献しない参加者は、その会議に参加する必要はない。大規模な会議にすればするほど、時間の浪費につながりやすい。会議の内容について、知っておいてもらう必要がある人には、会議の議事録を共有すればよい。

3:会議に集中させる

 携帯電話はOFFに、PCも閉じさせ、会議中は議題に集中させる。

4:時間をマネジメントする

 貴重な時間をきちんとマネジメントしながら、議事を進行させよう。

5:ToDoの担当者をきちんとアサインする

 会議で決まったToDoやアクションアイテムには、その担当者も合わせてアサインしておこう。会議が終わったら、すべてのアクションをきちんとまとめておくこと。

 このほか、会議にまつわる効率化術としては、ライフハッカーアーカイブ記事「まとめ:あくびのでるような会議にしないための10選」でまとめられています。ダラダラ会議にお悩みの方は合わせて参考にしてください。また、Twitterの#45minmtgでは、各ユーザーのアイデアが投稿されていますよ。みなさんも、とっておきのコツがありましたら、ぜひこのタグを使って、世界のTwitterユーザーたちと共有してみてくださいね。

 ちなみに、会議スケジュール用Webアプリ「TimeBridge」は、無料で使えます。もちろん、45分での会議時間設定も可能です。ご関心のある方は、こちらのページからユーザー登録をどうぞ。

原文へのリンク

copyright (c) mediagene Inc. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ