ニュース
» 2010年07月06日 20時59分 UPDATE

仕事耕具:ラベルライター「テプラ」に最上位機種、液晶ディスプレイにバックライト

キングジムは、ラベルライター「テプラ」の「PRO」シリーズ最上位機種として「テプラ PRO SR950」を発売。モノクロ液晶ディスプレイにはバックライトを搭載し、モノクロ4階調の表示が可能。日本語入力には「ATOK」を採用し、「予測入力機能」が利用できる

[鷹木創,Business Media 誠]
st_tepra01.jpg

 キングジムは、ラベルライター「テプラ」の「PRO」シリーズ最上位機種として「テプラ PRO SR950」を7月30日に発売する。価格は4万1790円。

 液晶ディスプレイにはバックライトを搭載し、モノクロ4階調の表示が可能だ。高密度大型ヘッドを搭載し、最大360dpiの高解像な印字ができるようになっている。また、日本語入力には「ATOK」を採用し、「予測入力機能」が利用できる。英語のカタカナ読みを正しいスペルに変換する「カタカナ語英語変換」に加え、「記号変換」「絵文字変換」機能も搭載した。

 ラベルは自動カットするほか、印刷面だけをカットして裏紙をはがしやすくする「ハーフカット」にも対応。カドを丸く仕上げる「オートトリマー」機能も搭載し、ラベルを差し込むだけでカド丸仕上げができるようになっている。

 ビジネス向けの印刷パターンを追加。光ケーブルなど太さが1〜2ミリ程度のケーブルに付けるフラッグ用途に利用できるパターンと、長さをそろえた複数のラベルを固定ピッチで製作するためのパターンの2種類で、フラッグは縦、横、縦横の3タイプ、固定ピッチは3.0〜60.0ミリのピッチを作成できる。

 このほか、利用頻度が高い編集機能「縦・横」「文字サイズ」「書体」がボタンを押す度に切り替わるダイレクトキーを搭載し、Mac OSにも対応したラベルソフトを同梱した。案内表示や注意喚起など、利用頻度の高い約800の定型文を「日本語・英語・中国語・韓国語」の4カ国語で印刷できる「定型外国語」機能も搭載している。

 キングジムではSR950の発売に合わせて、同シリーズ対応のテープカートリッジ3種類を発売。SR950専用の「転写テープ」(1050円〜)は、SR950に付属している専用の転写スティックで文字をこすって転写できるテープで、図面や資料などに後から文字を追加する際に便利だという。高温(摂氏約200度で10時間)になる場所にも貼れる「耐熱ラベル」(1470円〜)や光ケーブルなどの細いケーブルに旗状の表示を行う「フラッグラベル」(2310円)を用意した。またシステムケース(2100円)、テープカートリッジケース(1470円)も順次発売する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -