連載
» 2010年07月22日 13時04分 UPDATE

マグロ船会議術:自分と意見が合わない人への接し方 (1/2)

創業20年のデコボコ水産がお中元商品として開発した「フナムシ寿司」の売れ行きがイマイチです。部長はテコ入れのための会議を招集しましたが、意見が対立して社員が出て行ってしまいました。こんなとき、あなたならどうする?

[齊藤正明,Business Media 誠]

 あなたは創業20年のデコボコ水産に勤める若手社員。お中元商品として開発した「フナムシ寿司」の売れ行きがイマイチで、部長はこの商品のテコ入れをするための会議を招集しました。

部長 みんなも知っての通り、「フナムシ寿司」の売れ行きがすこぶる悪い!

社員A シャコをフナムシの形に似せただけなんですけど、やっぱり気味が悪いんですかね。

部長 日本人はもっとユーモアが分かると思っていたのだが……。

社員B ユーモア感を出すなら、デパートとかでなく、水族館みたいなところで売ったほうがいいっスよ。

部長 君は何を言ってるんだね? 当社の製品は、デパートで売るからこそ価値が出るんじゃないか。

社員B いつまでもくだらない見栄を張ってるからウチの会社は大きくならないんスよ!

部長 何!? 昨日今日会社に入った君が何を生意気な!

社員B 部長こそ、分からず屋ですよ。こんな会議、もうやってられないっス!

 Bさんは怒って立ち上がり、そのままドアを「バタン!」と強く閉めて出て行ってしまいました。部長はあなたに目でサインを送り、「何とかしてこい」と言っています。

 あなたは今からBさんに、どのように助言しますか?

  1. 部長が分かるまで説得しましょう
  2. 部長に期待するのは止めましょう
  3. 部長の言う意見には、無条件に同調しましょう
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ