ニュース
» 2010年08月09日 11時02分 UPDATE

3分LifeHacking:長さ10メートル以上のLANケーブルをコンパクトに巻き取って持ち運ぶ

長いLANケーブルを持ち運ぼうとすると、かさばる上にからまってしまうことも少なくない。とあるアイテムを使えば、長さ10メートル以上の薄型LANケーブルをコンパクトに巻き取って持ち運べるようになる。

[kizuki,Business Media 誠]

 セミナーなどの会場で機材を設置する際や、ブロードバンド対応のビジネスホテルでネットを使う時など、外出先でやや長めのLANケーブルが必要になることがある。無線LANにすれば済むかというとそうではなく、前者であればそもそも無線アクセスポイントを設置する場合に基幹のLANポートとつなぐケーブルが必要になるし、有線LANであればセミナー発言者のPCとハブの間が離れていれば長めのLANケーブルが必要となる。

 またビジネスホテルにおいては、机上ではなくベッド付近でノートPCを使おうとすると、室内備え付けの1〜2メートル程度のLANケーブルでは長さが不足しがちだ。せめて5メートルくらいの長さはあってほしい。前者のセミナー会場設営などではさらに長め、10〜20メートルくらいの長尺のLANケーブルがあってもよいくらいだ。

 ところが市販の巻取式のLANケーブルは、長さはせいぜい2メートル前後が精一杯で、こうした用途には使えない。従って一般的な薄型LANケーブルを束ねて持っていくことになるわけだが、これはこれでかさばってしまうし、バッグの中でからまることも多い。リールのようなアイテムを組み合わせてコンパクトに巻き取れればよいのだが、市販されているケーブル巻取リールというのは余った部分を巻き取るための製品であり、長尺物をまるごと巻き取る用途には使えない。逆に本格的なリールタイプともなるとサイズがとてつもなく大きく、持ち運びには適さない。

st_lc01.jpg 「Mr.くるくる」のパッケージ。もとはネクタイをシワなく巻き取るための製品だ
st_lc02.jpg 製品本体。ネクタイを通すための支柱がついた円筒形のケース

 というわけで範囲を広げていろいろ探した挙句見つけたのが、旅行用品コーナーで売っている「Mr.くるくる」なるアイテムだ。これはネクタイをセットしてくるくる巻き取ることで持ち運び時にシワをつけないという出張族御用達のグッズであるが、ネクタイの代わりに薄型LANケーブルをセットすることにより、長尺のLANケーブルをスマートに巻き取って持ち運べるのではないか? と考えたわけだ。

 実際に試したところ、巻き取りに多少の時間と手間はかかるものの、長尺のLANケーブルをコンパクトに収納するという用途にはうってつけ。今回用いたエレコムの薄型LANケーブル「LD-CTFSSシリーズ」であれば、15メートルを巻き取ってまだまだ余裕があり、もうワンランク長い20メートルであっても巻き取れそうだ。両端を引っ張るとスムーズに引き出せるので設置もスピーディ。長さの調節も自由自在である。

 ケース自体はこうした用途を想定して作られていないので使用はあくまで自己責任だが、これだけ長尺のケーブルをスマートに巻き取れるアイテムは、筆者の知る限りほかにない。バッグの中でからまることもなく、フラットケーブルを使うことでねじれの発生を抑えるという点でも秀逸。前述のセミナー会場設営およびビジネスホテルへの宿泊が遠隔地で、すこしでも荷物を減らしたい場合に、悪く選択肢ではないだろうか。


st_lc03.jpgst_lc04.jpg 左の写真は本来の使い方、ネクタイを巻き取っている様子。右は今回用意した、エレコムの薄型LANケーブル「LD-CTFSS/BU15」

st_lc05.jpgst_lc06.jpg まずはふたを外し、LANケーブルをひっかける。LANケーブルは二つ折りにしたちょうど半分の位置、今回の15メートルであれば7.5メートルの位置でひっかけるようにする。続いてケースにセットし、ふたを回してくるくると巻いていく

st_lc07.jpgst_lc08.jpg 左がかなり巻き取った状態。ケーブルは左右を往復するように巻いていくと見た目が美しくなる。右が完成したところ。今回は15メートルのLANケーブルを巻き取ってみたが、ケースのスキ間にはまだ余裕がある。20メートルでもいけそうだ

st_lc09.jpgst_lc10.jpg LANケーブルの両端を引っ張ればスムーズに引き出せる。右は底面から見たところ。LANケーブルが巻かれていることが分かる

製品名 実売価格 発売元
ネクタイケース Mr.くるくる MK-350 367円 池本刷子工業
LD-CTFSS/BU15 1800円 エレコム

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ