ニュース
» 2010年09月22日 15時45分 UPDATE

3分LifeHacking:タイマーを使って「集中」モード! シンプルな生産性向上のススメ

時間はあっという間に過ぎ、残されるのは、いつまでも完遂しない仕事の山……。そんな毎日からサヨナラするためのシンプルなツールとして、タイマーを活用する方法を紹介しましょう。

[Jason Fitzpatrick(訳:松岡由希子),ライフハッカー[日本版]]
ライフハッカー[日本版]
timeman-yf.jpg

 まさに「Time flies」。時間はあっという間に過ぎ、残されるのは、いつまでも完遂しない仕事の山……。そんな毎日からサヨナラするためのシンプルなツールとして、タイマーを活用する方法を紹介しましょう。

 時間を区切って、仕事にメリハリをつけるというのは、超オーソドックスな仕事術ですが、これを普段の仕事サイクルに活用できている人は、意外に少ないかも……。そこで、あえて原点に戻ってみませんか? 仕事時間にタイマーを活用すると、以下のような利点があります。

1.仕事の区切り・メリハリができる

 それぞれのタスクには納期があり、一定の成果が求められるものだが、一方で、インターネットや通信の発達により、仕事にはいつまでも終わりがなく、区切りがつけづらいという面もある。その点、タイマーでデジタルに時間を計測し、意識的にメリハリをつけると、次から次へと「降ってくる」仕事に埋もれず、仕事全体をマネジメントしやすくなる。

2.仕事に集中しやすくなる

 1つのタスクに取り掛かり始めたのに、別のタスクが気になりはじめたり、ついメールチェックしたり、気付くと「アレ? 仕事と全然関係ないことしてた」なんてことも……。

 集中が途切れたり、複数のタスクを行ったり来たりしている間に、時間が経ってしまうこともある。そこで、タイマーを設定して、例えば「この20分はこの仕事をやろう」と決め、楽しくなくても、終了のアラームが鳴るまでやり続けよう。タスクごとに時間を割り振り、これに自分を集中させるのだ。

3.タスク完遂までの時間が正しく把握できる

 タスクにどれだけの時間をかけているか、他人にはもちろん、自分すらごまかすことはたやすい。しかし、タイマーをセットすれば、実際、どれだけの時間をその仕事に充てているか、可視化できる。

 タスクにかかる時間を正しく把握することで、今後の仕事の進み具合や予定工数を精緻に見込め、スケジュールが立てやすくなるだろう。また、根拠の薄い安請け合いではなく、現実的に実行できる約束や納期設定がしやすくなり、周りからの信頼度も上がるはず。

4.休憩がとりやすくなる

 休憩を取ることに罪悪感を感じつつ、結局はダラダラとサボってしまうことはないだろうか。例えば、40分集中モードで頑張ったら、20分休むといった具合に、タイマーを使って、仕事のオンオフにメリハリをつければ、罪悪感なくきちんとリラックスタイムが取れ、仕事の生産性も上がる。

 ちなみに、タイマーは、昔ながらのキッチンタイマーから、スポーツなどでも使うストップウォッチなど、バリエーションはさまざま。携帯電話のタイマー設定を活用したり、ディスプレイウォッチ「TimeMe」や「cd.justinjc.com」や「e.ggtimer」などのWebツールを利用するという手もありますが、いずれにしろ、タイマーはあくまでも仕事をやり遂げやすくするための「ツール」。機能や設定に凝りすぎると、かえって時間を浪費してしまうかも。シンプルなツール選びを心掛けましょう。

 また、慣れるまでは、PCや携帯電話で使うタイマーは避けたほうがよさそう。PCやスマートフォンに視線がいくと、つい新着メールの受信や、留守番電話の通知に気がついてしまい、せっかくの集中モードが妨げられてしまうおそれがあるとか。

 タイマーを使った生産性向上術としては、25分間の集中タイムと5分の休憩を繰り返す「ポモドーロ方式」もメジャーですね。仕事だけでなく、学習にもこのアプローチを応用すると、学力アップにつながるかも!

copyright (c) mediagene Inc. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -