ニュース
» 2010年10月25日 11時01分 UPDATE

3分LifeHacking:Excelの表を罫線ごとテキストに変換する

テキストメールの本文上でちょっとした表組みを再現したい場合、「Excel文字罫線変換」を使ってみるとよい。

[kizuki,Business Media 誠]
st_ex01.jpg Excelの表データ。ほんの数行程度なので、わざわざメールに添付するほどでもない。メール本文に表として挿入してしまいたいところだ

 テキストファイル上で表組みを表したい場合、「┌」や「┬」といった外字を用いて罫線を作る方法がある。例えばメール本文の中に表を挿入したい場合など、数行程度のちょっとした表であれば、これでじゅうぶんに表組みであることが伝えられる。いちいちExcelファイルを参照してもらわなくても済むというわけだ。

 もっとも、行や列の数が多くなればなるほど、この方法で表を作るのは面倒になる。左寄せと右寄せが混在していたり、各列ごとの文字数のケタが大幅に違っていると、いちいちスペースを入れて微調整しなくてはいけないからだ。かといってしかしExcelで作成した表をテキストメールに直接貼ると、タブ区切りテキストに置き換わってしまい、表としての体裁は失われてしまう。


st_ex02.jpgst_ex03.jpg しかし範囲選択してコピーし、そのままテキストファイルに貼り付けるとタブ区切りテキストに。表組の体裁は失われてしまう

st_ex04.jpg こうした場合に便利なのが「Excel文字罫線変換」。範囲選択してコピーしたのちに「EtoMail.exe」をダブルクリックする

 こうしたテキスト上での表組みを作成するのに便利なソフトが「Excel文字罫線変換」だ。このソフトを使えば、Excelの表形式のデータを簡単な操作で「┌」や「┬」といった外字を用いたテキストの罫線に変換できる。見やすさを保ったまま、テキストファイルに表として貼りつけることができるというわけだ。

 使い方は簡単で、変換したいExcelのセルの範囲をコピーしたのち、本ソフト「EtoMail.exe」をダブルクリックするだけ。クリップボードの中で罫線がテキストに変換されるので、そのままテキストファイルに貼りつければオーケーというわけだ。


st_ex05.jpgst_ex06.jpg クリップボード内にあるExcel形式のデータの罫線を「┌」や「┬」といった外字データに置換

st_ex07.jpgst_ex08.jpg テキストファイルに貼りつけても、表組の体裁が維持されている。ダブルクリックする実行ファイルが「EtoMail.exe」であれば「┌」や「┬」など日本語の文字に、「EtoMail_e.exe」であれば「+」や「-」など英語の文字に変換する。海外などにメールを送る場合には後者の「EtoMail_e.exe」を使おう

 メールのほかブログや議事録など、活用範囲は意外に広い。例えばメールマガジンにちょっとした価格表を掲載する用途などに重宝するはずだ。

本日のレシピ
ソフト名 対応OS 利用料 開発元
Excel文字罫線変換 Windows 7/Vista/XP/2000/NT 4.0/Me/98/95(いずれもExcel 95以降が必要) 無料 Miday Workshop

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ