連載
» 2010年11月02日 19時00分 UPDATE

最強フレームワーカーへの道:物欲フレームワーカーのための、本当に買ってよかったiPhoneアクセサリベスト5

最強フレームワーカーたるもの、スキマ時間を有効に使わなければなりません。スキマ時間の活用に、iPhoneなどのスマートフォンが欠かせません。そんなiPhone中毒患者のために、今回はわたし自身が購入し、使っているアクセサリの中から、おすすめの5つをご紹介します。

[永田豊志,Business Media 誠]

 最強フレームワーカーはスキマ時間を有効に使わなければなりません。スキマ時間の活用に、iPhoneなどのスマートフォンが欠かせません。

 かくいうわたしもいまや、コレなしには仕事もままならない状態です。そんなiPhone中毒患者のために、今回はわたし自身が購入し、使っているアクセサリ(アプリではありませんよ!)の中から、おすすめの5つをご紹介します。


ベスト5:Jabra STREET

 Bluetoothステレオヘッドセット。台湾のアキバである光華商場で、1500台湾ドル(約3980円)で購入。これにヘッドフォンをつけて、ワイヤレスで、iPhoneのオーディオブックやPodcastの再生、一時停止、曲送り、音量調整などを行っています。色は白と黒があり、わたしは黒を購入。後述しますが、ワケあってわたしのiPhoneはちょっと重いので、かばんに入れ、コントロールはもっぱらこれを使ってます。あ、そうそう。電話も受けられますよ。


ベスト4:BOSE QuietComfort 3

 ノイズキャンセリング・ヘッドフォンです。あらゆるものを試しましたが、やはりBOSEのノイズキャンセリング性能にかなうものはありませんでした。わたしの場合、飛行機に乗る回数が多く、また通勤時の電車内でもしっかり語学の学習をやりたいので、ノイズキャンセリングはとても重視してます。

 ただし、充電が面倒くさいのと、よく壊れるのが難点です。わたしはすでに2回も修理しています。本体も高いですが、修理も高いです。1回8000円ほど取られました。あ、そうそう。夏はオンイヤータイプのイヤーパッドがとても暑くてつらいですよ。真夏はイヤーフォンに変えたほうが無難でしょう。


ベスト3:iPhone 4 バッテリージャケット(メーカー不明)

 iPhoneのケース自体がちょうど充電1回分程度のバッテリーになっているもの。やはり台湾の夜市で2000台湾ドル(約5300円)で購入。スイッチオンでケースからiPhoneへの充電、スイッチオフの時にUSBから給電するとケース自体に充電できるというもの。充電の度合いは背面の青いインジケーターで示します。

 基本的には本体とケースを両方充電しておけば、丸1日使い倒しても大丈夫。重さが少し気になるところですが、移動時にはかばんに入れっぱなしで、前述のJabra STREETからコントロールするので問題なしです。あ、そうそう。そんなに安っぽくない、ほどほどの質感ですよ(でも、メーカーがよく分からん……)。


st_ip03.jpgst_ip04.jpg メーカーをご存じの人、,教えてください!

ベスト2:シースルー防水ケース

st_ip05.jpg サンワダイレクトで販売しているシースルー防水ケース

 これにiPhoneを入れてお風呂に入っています。わりとしっかり口をふさぐので、水に浸けなければ、基本的には大丈夫でしょう。わたしはお風呂でYouTubeを見たり、メールを返信したりしています。

 ただし、風呂で使っているとしだいにケースがくもって見えづらくなるのと、タッチ操作を認識しづらくなってくるのが難点。もちろん、防水だけでなく防塵にもなるので、アウトドアに出かけるときには重宝します。チリは精密機械には大敵ですから。あ、そうそう、風呂が長くなり、のぼせることが多いので注意しておきましょう。


ベスト1:リュウドワイヤレスキーボード「RBK-2100BTJ」

st_ip06.jpg リュウドのBluetoothキーボード

 やはり、これが一番生産性を高めているといえるでしょう。Bluetoothでつながり、普通のPCと同じキーピッチでさくさく入力できるキーボードです。わたしは、会議資料やこの連載記事なんかを書くのもiPhoneとこのキーボードになりました。

 折りたたみを開くと自動的に電源が入り、iPhoneに入力できます。立てかけるスタンドもついており、視認性も抜群。移動時にノートPCを持ち歩かなくなった最大の功労者が、このキーボードです。

 Jabra STREET、QuietComfort 3、iPhoneバッテリジャケットすべてが充電式なので、夜中にまめに充電しておかなければなりません。それに対して、リュウドのキーボードは単四形乾電池で動作するので、電池が切れてもコンビニに駆け込めばOK。しかも、買って一度もまだ電池換えてませんが、使えてます。かなりのロングライフです。


 以上、今回はiPhoneを知的生産に活用するビジネスパーソンのために、おすすめのアクセサリを紹介してみました。ちなみに、充電アイテムが増えすぎたので、今度は充電ステーションが欲しい! と思っております。



著者紹介 永田豊志(ながた・とよし)

photo

 知的生産研究家、新規事業プロデューサー。ショーケース・ティービー取締役COO。

 リクルートで新規事業開発を担当し、グループ会社のメディアファクトリーでは漫画やアニメ関連のコンテンツビジネスを立ち上げる。その後、デジタル業界に興味を持ち、デスクトップパブリッシングやコンピュータグラフィックスの専門誌創刊や、CGキャラクターの版権管理ビジネスなどを構築。2005年より企業のeマーケティング改善事業に特化した新会社、ショーケース・ティービーを共同設立。現在は、取締役最高執行責任者として新しいWebサービスの開発や経営に携わっている。

 近著に『知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100』『革新的なアイデアがザクザク生まれる発想フレームワーク55』(いずれもソフトバンククリエイティブ刊)、『頭がよくなる「図解思考」の技術』(中経出版刊)がある。

連絡先: nagata@showcase-tv.com

Webサイト: www.showcase-tv.com

Twitterアカウント:@nagatameister


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -