ニュース
» 2010年11月15日 14時58分 UPDATE

仕事耕具:「ScanSnap S1100」は世界最小クラス Evernote、Google、Salesforceとも連係

PFUはドキュメントスキャナの新版「ScanSnap S1100」を11月20日に発売。大きさは273×47.5×34ミリ、重さは350グラムとコンパクトサイズを実現。スキャンしたデータをEvernote、Googleドキュメント、Salesforce CRMとも連係できる。価格は1万7800円。

[藤村能光,Business Media 誠]

 PFUは、読み込んだ資料をワンクリックでPDFデータに変換できるドキュメントスキャナ「ScanSnap S1100」を11月20日に発売する。価格は1万7800円、ドキュメント管理ソフト「楽2ライブラリ パーソナル V5.0」をセットにしたモデルは2万2800円。オンラインショップ「PFUダイレクト」で販売する。

yf_ssnap-01.jpgyf_ssnap-02.jpg 出典:PFU

 読み取り速度は、A4サイズ1枚当たり7.5秒。コンパクトモデル「ScanSnap S1300」のほぼ半分の速度だが、1枚送りの片面読み取りのみ。プラスチック製のカードの読み取りも可能になった。

 クラウドサービスとの連係機能も備えている。対応するサービスはEvernote、Googleドキュメント、顧客関係管理サービス「Salesforce CRM」。

 ScanSnapのクイックメニューから読み取った資料のデータをEvernoteやGoogleドキュメントに保存し、管理や共有ができる。またScanSnapに同梱している名刺管理ソフトウェア「名刺ファイリングOCR」(Windows専用)、「CardMinder」(Mac OS 専用)に蓄積した名刺データをSalesforce CRMに保存できる(12月末のアップデートプログラムで対応予定)。

image 出典:PFU

 読みとった画像中の単語や文章をOCR処理し、PDFのキーワード情報に追加する「インテリジェント・インデックス機能」や、PDFのキーワード情報から保存先を自動的に分ける「インテリジェント・クロッピング機能」(Windows専用)も搭載している。

 本体の大きさは273×47.5×34ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さは350グラム。コンパクトサイズの「ScanSnap S1300」と比べて容積は4分の1以下、重さは4分の1になっており、A4原稿の読み取りに必要となる最小限かつ「世界最小のサイズ」(PFU)に仕上げている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ