ニュース
» 2011年02月07日 12時02分 UPDATE

仕事耕具:ScanSnapにネットワーク対応版、EvernoteやGoogle Docsとも連係予定――タッチパネルでPCなしでも利用可能に

ScanSnapにネットワークに対応したモデル「ScanSnap N1800」が登場。GoogleドキュメントやEvernote、Salesforce CRM(Chatter)にも対応予定。タッチパネルからの操作でPCレスで利用可能だ。

[Business Media 誠]
st_pfu01.jpg ScanSnap N1800

 ScanSnapにネットワークに対応したモデル「ScanSnap N1800」が登場する。2月25日の発売で、PFUの直販サイト「PFUダイレクト」での価格は17万8000円となっている。

 N1800は、従来機のS1500をベースに、ScanSnapシリーズで初めてネットワークに対応した。イーサネットポートと1024×768ドット(XGA)の8.4インチ抵抗膜式タッチパネルを搭載し、社内LANなどを通じてネットワークに接続できるほか、タッチパネル操作で、メール添付やネットワークフォルダへの保存、ファックスサーバ経由でのファックス転送などもPCレスで利用できる。なお、タッチパネルに表示する画面メニューはログインするユーザーごとにカスタマイズ可能だ。作業内容をまとめて登録できる機能も搭載している。

 各種クラウドサービスにも対応する。4月1日にはGoogleドキュメント対応のアドインも提供予定で、EvernoteやSalesforce CRM(Chatter)などにも対応する予定。こうしたアドインを開発するためのSDKも用意し、自社の業務に応じた利用も可能になる。このほか、初期状態でLDAPなどの認証環境やMicrosoft Exchange Server、SharePoint Serverにも対応している。


st_pfu02.jpgst_pfu03.PNG

st_pfu04.jpgst_pfu05.PNG

 両面スキャンできる用紙サイズはA4またはレターサイズまで。A3キャリアシートを利用することでA3用紙(片面)もスキャンもできる。解像度は最大600dpi。A4用紙(両面、300dpi)の読み取り速度は毎分40枚、原稿用紙の搭載容量は最大50枚となっている。

 本体サイズは300×226×172ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さは6キロ。インタフェースはイーサネットのみで、無線LANには対応しないほか、USBポートも搭載していない。PFUでは「ネットワークスキャナということで、セキュリティにも配慮した」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ