ニュース
» 2011年02月07日 12時29分 UPDATE

3分LifeHacking:「前回あれやったのはいつだっけ」をまとめて管理する

布団カバーの交換や散髪、ベランダの掃除など、定期的にスケジュールに組み込むのは難しいタスクを効率よく管理できるソフトを紹介しよう。

[kizuki,Business Media 誠]
st_ar01.jpg 「あれはいつだっけ?」のメイン画面。それぞれのタスク(本ソフトでは事柄と呼ぶ)に対して、前回の実施日付、今日までの経過日数、前回の間隔が表示される。個々のタスクにメモも記入できる
st_ar02.jpg 各タスクに対して実施した日が記録されている。前回との間隔が表示されるので、だいたいどのくらいの頻度で繰り返しているのかが分かる
st_ar03.jpg 実施日の登録は、いったん該当のタスクを開き、「新規作成」ボタンを押して登録する必要がある。メイン画面からワンクリックで登録できるようになればもっと使いやすくなりそうだ

 定期的に繰り返すにもかかわらず、スケジュールに組み込むのは難しいタイプのタスクというのがある。例えば、布団のカバーを交換したりカーテンを洗うといった生活環境の整備や、散髪や美容院など身だしなみを整える行為がそれだ。いずれのタスクも前回実施してからの日数によって実施時期が決まるので、タスク管理サービスなどに予定を記入してスケジュール化するのが難しい。

 こうしたタスクをまとめて管理し、前回実施してから何日が経過しているかを教えてくれるのが、今回紹介するフリーソフト「あれはいつだっけ?」だ。それぞれのタスクに対して、実施した日を記入していくことにより、前回実施してから今日でどのくらいの日数が経過しているのか、また前々回と前回の間隔はどのくらいだったかが、ひとめで分かるようになる。ありそうでなかったタイプのツールだと言えるだろう。

 布団カバー交換や散髪といった身の回りのタスクのほか、庭の草刈り、ベランダの掃除、ペットの小屋の清掃など、毎月何日としっかり決まっているわけではないタスクを登録しておけば、毎回「前回あれやったのはいつだっけ」と記憶を辿る必要がなくなる。もちろん仕事にも使えるので、社内での勉強会や、飲み会の頻度を管理するのにも使える。

 ほかにも個人ブログへの投稿や、友人のブログへのコメント投稿、さらには馴染みの店への訪問ペースの管理など、あまり間隔をあけないように心掛けている日常の行動を登録し、自身の実行頻度をチェックするのにも向いている。どのくらいのペースで繰り返しているかが把握できれば、コストや所要時間の算出にも役立ちそうだ。

 シンプルながら使い勝手もよく、汎用性も高いが、ひとつ残念な点があるとすれば、Webサービスではなくインストール型のソフトとして提供されていること。こうしたスケジュール管理ツールはWebサービスが多く、複数のPCからの書き込みはもちろん、スマートフォンからの閲覧にも対応するケースが増えてきている。同様のコンセプトを持ったWebサービスが登場すれば、さらに活用しがいがあるだろう。


st_ar04.jpgst_ar05.jpg 各タスクにはカテゴリが設定できるので、登録済みのタスクが多くなっても絞り込んでの表示は容易。もちろん経過日数でのソートも可能だ。「経過日数<前回の間隔」となった際に強調表示するなどの仕組みがあればさらに分かりやすくなるだろう。今後のバージョンアップにも期待したい

本日のレシピ
ソフト名 対応OS 利用料 作者
あれはいつだっけ? Windows 7/Vista/XP/Me/2000/98(編集部ではXPにて動作確認) 無料 KOMO氏

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ