連載
» 2011年08月25日 12時20分 UPDATE

節電DIY:まだまだ暑い! 今さらだけどUSB扇風機4機種+1を比較した (1/2)

扇風機とエアコンを併用すると大幅な節電が期待できるので、扇風機を設置したオフィスで働いている人も多いだろう。だが、扇風機の風が届かなくて困っている人もいるはずだ。そんな人のためにPCに接続して使うUSB扇風機を比較してみた。

[奥川浩彦,Business Media 誠]

 2011年はエアコンより圧倒的に消費電力の少ない扇風機を企業が大量購入したそうだ。エアコンの温度設定を28度言わず、我慢できるギリギリまで上げて、扇風機と併用すると大幅な節電が期待できるので、扇風機を設置したオフィスで働いている人も多いだろう。

 一方、扇風機がない。あっても自分の席まで風が来ないとなれば自己防衛するしかない。そこで登場するのがUSB扇風機だ。リビング用の扇風機を品薄だが、USB扇風機も品薄のようで、今年のヒットアイテムである。

 知り合いから「USB扇風機って本当に涼しいの」と聞かれたことがある。オモチャにしか見えない感もあるが筆者は実用性のあるアイテムだと思っている。その信念を証明するために、風速計と騒音計を用意して何台か比較を行ってみた。

 測定方法はノートPCのUSBポートに扇風機をつなぎ、風速は正面20センチのところで最も強かった値を記録。騒音は斜め45度、距離20センチのところで計測した。実験は深夜3時、締め切った部屋で暗騒音(元々の部屋の騒音)は30dB以下という条件だ。

最も扇風機っぽい――エレコム「FAN-U17WH」(購入価格780円)


st_uf001.jpgst_uf002.jpg

 エレコムのUSB扇風機は今回紹介する製品の中では最も扇風機っぽいデザインをしてる。柔らかいウレタン製の羽を採用していて、稼働中に手で触っても痛い感じることはない。首の部分はフレキシブルアームで風の向きを変えることが可能だ。スイッチも兼ねた台座のツマミで風力の調整が無段階に調節可能となっている。

 ツマミを少し回すとスイッチがオンになりゆっくりと羽が回り出す。この状態では音も静かだがわずかに風を感じる程度で、涼しいと感じることはない。ツマミを中間まで回すとおよそ8割くらいの強さとなる。全開とあまり差はなく実用上はフルパワーで使うことが多くなりそうだ。風力にともない騒音はそこそこ大きくなるがよほど静かな部屋でなければ許せる範囲だと思われる。

風の強さ 風速(メートル毎秒) 騒音(dB)
0.3 35
中間 1.9 47
2.2 47

USBケーブルを抜ける――シグマA・P・Oシステム販売「UMF02WH」(購入価格1839円)

st_uf003.jpg

 UMF02WHはデスクトップPC用の120ミリファンを内蔵した製品で、スイッチで風力が2段階の変更できる。USBケーブルを抜くことができるのはこの機種だけだ。マグネットで固定することが可能なので、スチール製のPCケースなら側面に貼り付けて使用することも可能だ。台座部分の奥行きが浅いので、マグネットで固定できない場合はやや安定性が低い。

 風力を弱にしたときは音は静かだが風は弱め、強に切り替えるとそこそこ風は来るがやや耳障りな音がする。静かな部屋で使用する場合は音が気になる方もいると思われる。筆者は冷蔵庫の空冷用の購入したので、12ボルト駆動に改造して使用している。


st_uf004.jpgst_uf005.jpg

風の強さ↓75%風の強さ 風速(メートル毎秒) 騒音(dB)
1.1 41
2.6 50

ファンは金属製――タイムリー「STEEL-UFAN-miniBK」(購入価格950円)

st_uf006.jpg

 STEEL-UFAN-miniBK(15センチ型)は金属製の羽を採用、スイッチは本体背面にあり、風力の調整はできない。騒音はそれなりで、風の音と別にモーター音が耳に付く感じがする。個体差かもしれないが、設置した机に振動が伝わる感じもあった。

風の強さ 風速(メートル毎秒) 騒音(dB)
風力一定 2.4 47

プラスチック製――サン・フェイス「SF-UF016BL」(購入価格780円)

st_uf007.jpg

 SF-UF016BLはモーター部以外は全てプラスチック製で、スイッチは本体背面にあり、風力の調整はできない。騒音はそれなりにするが、よほど静かな部屋でなければ許せる範囲だろう。


風の強さ 風速(メートル毎秒) 騒音(dB)
風力一定 1.9 45
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -