ニュース
» 2011年08月30日 12時30分 UPDATE

3分LifeHacking:突然起動する「Skypeホーム」を自動的に閉じる

最近「Skypeホーム」というウィンドウが不意に立ち上がるようになったという人は多いようだ。今回はこのポップアップを抑制するソフトを紹介しよう。

[kizuki,Business Media 誠]
st_sk01.jpg コンタクトが並んだ通常のウィンドウ(右)以外に、「Skypeホーム」というウィンドウ(左)が自動的にポップアップ。挙動としてはポップアップ広告に近く、ネットでは8月中旬ごろから不満を訴える声が急増している
st_sk02.jpg ダウンロードした「Kill Skype Home」をダブルクリックして起動する。これをタスクトレイに常駐させておけば「Skypeホーム」が自動起動してもすぐに閉じるようになる
st_sk03.jpg 右クリックから「Minimize Skype on start」をオンにしておけば、Skypeのウィンドウを最小化の状態で起動できる。ちなみに「Persistent mode」は、自動起動したSkypeホームを閉じたあとも常駐を続けるモードで、通常はSkypeホームを道連れに終了する仕様になっている

 「Skypeが勝手に起動するので困っている」というお悩み相談や質問は、FAQサイトでは以前から定番の存在だ。そのほとんどは、スタートアップに登録しているのを解除したいという初心者ユーザの質問が主だが、最近はやや主旨が異なる投稿を見かけるようになった。

 それは通常のSkypeの画面ではなく「Skypeホーム」に関するもの。Skypeを最小化した状態でPCを使用していると、いきなり「Skypeホーム」という画面がポップアップするというものだ。出現条件はいまだ明確になっていないが、Skypeのバージョンが5.3以降で、起動後に1回だけ表示されるケースもあれば、たとえ閉じても繰り返し表示されるケースもあるようだ。内容もステータスアップデートについてだったり、Facebookへの投稿を促すものだったりと違いがある。

 詳細がいまだ不明なこのSkypeホームの自動起動だが、ひとつだけ確実なのは、Skype側の設定ではオフにできないこと。少なくともWindows用のバージョン5.3と5.5についてはこれらに該当するようだ。そのため、この挙動にストレスを感じてネットで対処方法を探す人が後を絶たない。

 このSkypeホームのポップアップを自動的に閉じてくれるソフトが、今回紹介する「Kill Skype Home」だ。このソフトを導入すれば、Skypeホームは自動起動した直後に閉じられるようになる。起動そのものを抑制できるわけではなく、いったん起動してから閉じるというフローになるが、注意深く画面を見ていない限り開いたことに気づかないこともしばしばで、視界にいきなりウィンドウが飛び込んでくるストレスから解放される。

 ダウンロードするのはインストーラではなくexeファイルそのもので、インストール不要で動作する。タスクトレイのメニューから「Start with Windows」をオンにしておけば、あとはPCの再起動時に自動的に立ち上がるようになる。また「Minimize Skype on start」をオンにしておけば、Skypeのウィンドウ自体を最小化の状態で起動できる。

 いくらSkype自体無料で利用できるものとはいえ、ウィンドウが不規則にポップアップするというのは、不満を感じる人が多いのもうなずける。プレゼンなど他人が画面を見ている最中に、いきなりプライベートな情報が表示されてしまう危険性だってある。Skypeの今後のバージョンで挙動が修正される可能性もなくはないが、とりあえず現時点で手を打ちたいという人は、このソフトを試してみるとよいだろう。


本日のレシピ
ソフト名 利用料 対応OS 作者
Kill Skype Home 無料 Windows XP/Vista/7で動作確認 amwmedia氏

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ