ニュース
» 2011年10月06日 10時00分 UPDATE

3分LifeHacking:アイデアが詰まった時に脳をリフレッシュできる方眼ノート「IDEA PAPER」

白紙を前に腕組みをしているような状況の時には、気軽にペンを動かすことで新たなアイデアが生まれるかもしれません。その際に最適なノートが「IDEA PAPER」です。

[安齋慎平,ライフハッカー[日本版]]
ライフハッカー[日本版]

 アイデアが出てこない!

 こうしたケースはよくあることだと思います。特に新しいアイデアを生み出す時に、まっさらな紙を目の前にして何もできずに腕組みをしている――そんな状態のまま時間が過ぎていくことはないでしょうか?

 今回は、そうした状態を打破するために使えそうな「脳をリフレッシュするアイデアツール」を紹介します。

sk_idea01.jpg

 ツールの名は「IDEA PAPER」(アイデアペーパー)。見た目はA4サイズのラクガキ帳ですが、中をめくると一枚一枚のページにイラストが描いてあります。全50ページで、標準価格は税込み800円。

sk_idea02.jpg

 全体的なデザインは薄いグレーの5ミリ方眼の罫線。下の写真にあるような絵が、それぞれのページに描いてあります。

sk_idea03.jpg

 この商品の狙いは、イラスト付きの紙にラクガキをしていくうちにアイデアが浮かぶというもの。以下の動画もご覧ください。

 ということで、早速上のページ(スフィンクス)にいろいろ描き込んでみました。

sk_idea04.jpg

 1人で使うと、私の絵のように単なるラクガキになってしまう可能性があります。複数人で一緒に使う方が、より実りあるアイデアが出てきそうです。

 例えば集団でブレストをする際など、沈黙を破るツールとして使うのがよいと思います。意見が出尽くしたとき、次の意見を出してもらうためにメンバーに紙を配り、5〜10分程度描きこんでもらうと、ブレスト会議も活発化すると思います。

 よいアイデアはすぐには生まれないとは思いますが、IDEA PAPERはそのきっかけとなることでしょう。

copyright (c) mediagene Inc. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ