トップ10
» 2011年10月13日 13時15分 UPDATE

Biz.ID Weekly Top10:来年こそ手帳を使い倒す

書店や雑貨屋で手帳の特設コーナーを見かける季節になりました。ここ数年スケジュール管理はスマートフォンで行っていましたが、2012年は久しぶりに手帳を購入しようと検討中です。

[上口翔子,Business Media 誠]

 先週のアクセスランキング1位はピカソ、ゴッホも愛した少し高貴なノート「モレスキン」の魅力。2位はATOK Padが意外とよかった、3位には長年人気記事の第13回 PCが遅いときの7つの処方箋がランクインしました。


 読者の皆さんは、スケジュール管理にどのようなツールを使用していますか? 私はここ数年、会社のグループウェアかスマートフォンのカレンダーアプリを主に利用しています。ただ、周りを見ていると紙の手帳に対して愛着を持っている方が多く、またそうした人ほど、時間の管理がうまい気がしています(もちろんWebを活用してスケジュール管理をうまく行っている人や、手帳を使っていても管理が苦手な人もいます)。多くの予定を抱えていても約束の時間には必ず来てくれ、小まめな連絡を怠らないなど、時間にもきっちりしている印象があります。

 例えばお世話になっているあるライターさんは、いつも手帳にびっしりと予定を書き込んでいます。翻訳業とライター業を掛け持ちしている忙しい方なのですが、締め切りを過ぎたことは一度もありません。今度お会いするときには、手帳をうまく使うコツを聞いてみたいと思っています。ちなみに以前、スケジュール管理に手帳を使う理由を聞いた際には、昔からずっとそうしてきたのと、数週間単位で動いている仕事を見開きの手帳ですぐに確認できるのが便利だからだと言っていました。だからスマートフォンを購入した今でも、手帳は絶対に手放せないのだそうです。

 もう1人私の身近で手帳を愛用しているのは、学生の妹です。週に幾つも提出課題があるので、提出日を明るい色で目立つようにしたり、自分を励ます言葉を書き込んでいます。最近ではTwitterで友人同士声を掛け合いながら提出日を確認することもあるそうですが、基本的には自分の中でスケジュールを管理しておきたいので、手帳を使っているそうです。

 私もこの秋から、自分なりの手帳を作りうまくスケジュール管理ができるよう努力してみたいと思います。今のところ第1候補は今週のランキング第1位にも出てきたモレスキンです。

sk_ran.jpg モレスキンは10月末に文具などを組み合わせたギフトボックスを発売するようです

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ