ニュース
» 2011年11月28日 16時00分 UPDATE

携帯電話でもOK 世界66都市間で低コストな音声会議「V-CUBE ボイス」

ブイキューブは電話回線を使用した音声コミュニケーションサービス「V-CUBE ボイス」の提供を開始した。利用料は国内通話の場合で1分当たり15円から。

[Business Media 誠]

 Web会議システムなどを提供するブイキューブは11月28日、電話回線を使用した音声コミュニケーションサービス「V-CUBE ボイス」の提供を開始した。利用料は主催者負担の従量課金制で、国内通話の場合で1分当たり15円から(V-CUBE ボイスの料金表)。初期費用と基本料は無料。

sk_vc01.jpg

 メニューは「スタンダード」と「グローバル」の2種類を用意。スタンダードは主に国内拠点間のみでの利用を想定したもので、日本語と英語サポートが付く。グローバルは最大世界66都市との通話ができるメニュー。アクセスポイントを設置した都市での通話であれば国際通信(電話)費用を負担しなくてよいため、海外との会議が多く通信コストを削減したい企業などに最適だという。

 利用(参加)方法は、設置するアクセスポイントに電話をかけ(その間の通話料は各自負担)、ガイダンスに従ってプッシュボタンのパスコード(参加情報)入力で接続が完了する。パスコードさえ取得していれば、予約などは不要ですぐに会議が可能。専用の機器や回線の購入は不要で、外線発信ができればどの電話機(固定電話携帯電話)からでも利用できる。

 なおアクセス方法は3種類あり、それにより接続料が異なる。1つは、ローカルアクセス(ダイヤルイン)と呼ぶもので、アクセスポイントまでの通話料は参加者が負担する。主催者が事前に案内するアクセスポイントへ各参加者が電話をし、会議に参加するイメージだ。

sk_vc02.jpg 会議への参加方法(ダイヤルインの場合)

 2つ目はフリーダイヤル(ダイヤルイン)で、アクセスポイントまでの通話料は主催者が負担する。参加方法はローカルアクセスと同様で、主催者が事前に案内するアクセスポイントへ各参加者が電話をして会議に参加する。

 3つ目はダイヤルアウト。アクセスポイントまでの通話料は主催者負担で、会議主催者が参加者に電話をかけて会議への参加を呼び掛ける

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -