トップ10
» 2011年12月20日 18時00分 UPDATE

Biz.ID Weekly Top10:誠 Biz.ID読者が選ぶ2011年のトレンド1位は「節電」

先週まで受け付けていた「誠トレンド格付」の結果が出ました。スマートフォン、SNS関連のキーワードを抜いて誠 Biz.IDピックアップの中で1位になったのは、今夏の象徴ともいえる「節電」でした。

[上口翔子,Business Media 誠]

 先週最も読まれた記事は「デジタルペン『Denshi-Pen』の文字認識率80%を試す」。次点は「空き巣に狙われる家の特徴とは――外出前に確認したい防犯対策チェックリスト」でした。

shk_beta01.jpg 今メインで使っているGoogle日本語入力 Betaの入力画面(SPモードメールの新規作成)

 個人的に気になった話題は、6位にランクインした「バイドゥがSimejiを買収――タブレットに特化した日本語入力システムなども検討」のニュース。これまであまり日本語入力システム(IME)にこだわりは持っていなかったのですが、取材を機にスマートフォンの日本語入力用アプリとして「Simeji」と15日にグーグルが発表した「Google日本語入力 Beta」をインストールしてみました。

 使い始めて数日ですが、アルファベットと平仮名、数字モードの切り替えが1つのボタンでできるかそうでないかの違いや、平仮名モードのときに1ステップで絵文字を選択できるかなど、ちょっとした違いで使いずらかったり逆に使いやすかったり。一番うれしいのは期待した予測変換が出てきてくれることなので、そういう意味ではSimejiもGoogle日本語入力 Betaも満足しています。

 ちなみに、普段使いのPCもこれまでWindows標準のIMEを使っていたのですが、スマートフォンの文字入力を変えるのと同じタイミングでバイドゥIMEをインストールしてみました。こちらはIT用語の予測変換が充実しているので、仕事用としてなかなか快適です。……とここまで書いたところで、隣の編集長から「それならATOKを入れてみなよ」と言われました。そういえばATOKを入れたことがないので、早速体験版をダウンロードしてみたいと思います。


 さて、12月1日から12日に投票を募集していた年末恒例の「誠トレンド格付」。おかげさまで約700人の皆さんに投票いただき、トップ10が出そろいました。この結果は昨日放送のビジネステレビ誠の後半(1時間7分50秒ごろ)で紹介していますので、ぜひご確認ください。

 全体のランキングは動画でご確認いただくとして、以下では、誠 Biz.ID編集部ピックアップのキーワードで投票が多かったものを紹介したいと思います。

誠 Biz.ID編集部ピックアップのキーワード計33個

節電/Facebook/Google+(SNS)/HTML5/Google Chrome(Webブラウザ)/SkyDesk/LotusLive/サイボウズ KUNAI/Evernote/Dropbox/ポメラ DM100/Canon imageFORMULA/ScanSnap/ガイガーカウンター/GALAXYシリーズ(Android)/iPhone 4S/iPad 2/KYBER SmartNote/CamiApp/SHOT NOTE/airpenPocket/LifeTouch NOTE(Android)


ランキング キーワード
1位 節電
2位 iPhone 4S
3位 Facebook
4位 ガイガーカウンタ
5位 iPad 2
6位 Evernote
7位 HTML5
8位 Google+(SNS)
9位 Dropbox
10位 Google Chrome(Webブラウザ)

 誠 Biz.IDの読者が選ぶ2011年のキーワード1位は節電。夏に公開した節電関連の記事は、多くの人に読まれました。続いてはiPhone 4Sです。こちらもそうですが、11位にもGALAXYシリーズ(Android)と、スマートフォンがランクインしています。私の周りは今年スマートフォンデビューをした人が多く、中にはこれまで携帯電話にこだわっていたけれどiPhone 4Sならば満足、ということでスマートフォンに変えた人がいました。

 ちなみに、各編集部が選んだトレンドはこちらの記事で紹介しています。各編集長が今年を振り返りながらコメントを寄せているので、今年1年の振り返りにぜひご覧になってみてください。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -