ニュース
» 2012年01月18日 13時10分 UPDATE

キヤノンMJがiPad向け文書管理アプリ――航空、鉄道、建築など特定業種でも

キヤノンMJは、同社のクラウドサービスを活用したiPad向け文書管理アプリを開発。PCであらかじめアップロードしておいた文書データを外出先などで確認できる。

[上口翔子,Business Media 誠]
shk_canonmj.jpg

 キヤノンマーケティングジャパンは、iPad向けの文書管理アプリ「Smart Browse Print」を3月上旬に提供開始する。料金は初期費用が1万5000円、月額利用料は5IDの場合で3000円から。

 C-Cabinetは、ASP型の文書管理サービス「C-Cabinet」や中堅・中小企業向けのIT支援サービス「HOME」などのクラウド基盤を活用して複数デバイス間でデータ共有ができるというもの(※)。PCであらかじめ文書データをアップロードしておけば、iPadで閲覧、編集、印刷が可能。例えば社内で作成したプレゼン資料を外出先で確認したり、電子化した業務マニュアルや作業報告書を現場で閲覧したり、といった用途を想定している。

(※)C-CabinetとHOMEの利用契約が必要。料金はC-Cabinetが初期費用2万1000円、月額利用料が5IDの場合で9450円から。HOMEが初期導入時のスターターパックが6万円、月額利用料が月額1万2000円から。

 閲覧はアップロードしたデータ一覧を表示するモードと画面全体にデータを表示する大きく2タイプ。データ閲覧時にはタブ表示で最大5つのデータを切り替えられる。編集機能は、共有データに手書きで文字入力と、写真や文書の貼り付け、よく使うページのブックマークを用意した。

shk_canomj02.jpg
shk_canomj03.jpg

 一般企業はもちろん、航空や鉄道、建築、製造業など、特定業種での利用を想定。今後のアップデートでは、複数の文書管理システムとの連係などを予定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ