ニュース
» 2012年02月15日 17時10分 UPDATE

HP、4.3型タッチパネル搭載の中規模オフィス向け複合機

日本HPは3月1日に、SOHOや中堅・中小企業をターゲットとした複合機2機種とプリンタ1機種を発売する。

[Business Media 誠]
shk_hp01.jpg Officejet Pro 8600 Plus

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2月15日、オフィス向けインクジェットプリンタ「HP Officejet Pro」シリーズの新製品3機種を発表した。3月1日に発売する。

 HP Officejet Proは、主にSOHOや中堅・中小企業をターゲットとしたシリーズ。新モデルでは、4.3インチのタッチ操作パネルを備えたハイエンド複合機「Officejet Pro 8600 Plus」(3万2970円)と、2.7インチ液晶パネル搭載の複合機「Office Pro 8600」(2万4990円)、2.0インチ液晶パネル搭載の単機能プリンタ「Office Pro 8100」(1万9950円)の計3機種をラインアップした。

 共通の特徴は、新開発のインク「HP95x」を採用したこと。耐水性、にじみ耐性が向上し、印刷後に触れたり水につけてもにじまず、文字をくっきりと表現できるようにした。またインクカートリッジのノズル幅が従来比30%長くしたことで、1つのインクカートリッジでモノクロ最大2300枚、カラー最大1500枚が印刷可能となった。

 印刷速度も高速化。8600 Plusの場合は、現行モデル「Office Pro 8500A Plus」と比較して30%以上スピード性能を実現する。インタフェースにはUSBのほか、有線/無線LANを全機種で標準搭載している。


  Office Pro 8600(画像=左)とOffice Pro 8100(画像=右)

 4.3インチのタッチ液晶を搭載した8600 Plusは現行の8500(Office Pro 8500A Plus)の後継機。A4用紙の印刷速度がモノクロ毎分20枚、カラー毎分16枚で、本体サイズは494×460×315ミリ(幅×奥行き×高さ)、重量12.6キロとなる。カラー操作パネルにはコピーやファックス、スキャンなどのアイコンを表示し、ワンタッチの簡単操作で各機能を実行できる。

 新モデルから新たに追加した機種8600は、印刷速度がモノクロ毎分18枚、カラー毎分13枚。本体寸法は494×460×300ミリ(幅×奥行き×高さ)、重量12キロ。現行モデル「Office Pro 8000」の後継機に当たる8100は、本体寸法が494×399×202ミリ(幅×奥行き×高さ)、重量11キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ